Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

芦屋花火大会2017の日程時間&穴場スポット情報掲載中!

      2017/04/11

芦屋花火大会は芦屋サマーカーニバルの内のイベントの一環として行われていますが、例年10万人近い来場者を記録しています。花火大会としては珍しい市民団体主催となっているので、思考も凝らされていて、魅力タップリ!

芦屋サマーカーニバルについての記事はこちら⇒
芦屋サマーカーニバル2017のアクセス(駐車場)&花火情報!

そんな芦屋花火大会2017の日程や時間の情報、穴場スポット情報、その他にも有料観覧席の情報などを掲載していますのでご参考になさってください。

スポンサーリンク

芦屋花火大会2017の日程時間

日程:2017年7月22日(土)、当日の午後4時に中止の有無が決定します。
当日決行の有無に関してはTEL0797-35-0871にてご確認ください。
打ち上げ数:約6,000発
時間:午後7時50分から午後8時30分まで
場所:芦屋市総合公園・潮芦屋緑地・潮芦屋ビーチ
問い合わせ:NPO法人 芦屋市民まつり協議会 事務局、TEL0797-35-0871
アクセス:【電車】芦屋駅から阪急バスに乗り15分 芦屋市総合公園前下車

会場には駐車場は用意されていませんので、アクセスは電車とバスがオススメ。車で来ても会場周辺は交通規制が敷かれていたりと、渋滞などの混雑に巻き込まれてしまうでしょう。

芦屋カーニバルの情報はこちらをチェック⇒
芦屋サマーカーニバル2017のアクセス(駐車場)&花火情報!

穴場スポットを紹介!厳選3選がこちら

※穴場については使用できない場合もありますのでご注意ください。

・神戸サンシャインワーフ駐車場
住所:兵庫県神戸市東灘区青木1丁目2-34

こちらの穴場スポットなら、まず交通渋滞に巻き込まれたりする心配が少ないでしょう。メイン会場からは海を挟んで約1キロの場所になりますので、音と目のバランスが多少悪いかもしれませんが、混雑嫌いな人には絶対にオススメしたい場所です。

車でのアクセスが出来ることもあって、車持ちの人にもオススメですね。

・リゾ鳴尾浜
住所:兵庫県西宮市鳴尾浜3-13

こちらは、メイン会場からは約5キロと遠目に位置しています。神戸サンシャインワーフよりも更に小さくなってしまいますので、花火目当てで行く人も必然的に少なめに。

花火をチラっと見れて、あとはゆっくりしたい人にはこちらのリゾ鳴尾浜が良いかも♪ただし、入場料金などを取られてしまうかもしれませんので、ご注意を!

・西宮大橋
住所:兵庫県西宮市久保町12-19、西宮ファーストコーポラス

こちらは穴場の中でも少し知られたスポットですので、花火目当ての人もいますので、全く混雑しないスポットにはなりません。ただし、メイン会場よりも混雑は緩くなるので、帰りもスムーズに帰れます。


スポンサーリンク

観覧席情報

芦屋花火大会2017では、有料観覧席が用意されています(4月中旬より)ので、こちら詳細についてご紹介していきますので参考になさってください。

【前売り特別席】
・特別S席:10,000円(お弁当・フリードリンク)
・特別A席:6,000円(フリードリンク)
・焼肉観覧席:11,000円(焼肉セット・フリードリンク)
・カップル観覧席:21,000円(ペアシート・豪華カップルお弁当・フリードリンク)
・グループ観覧席:20,000円(6名用テーブルと椅子)

【一般席】※当日券あります
・砂浜観覧席:1,000円
・砂浜観覧席レジャーシート付き:1,500円
・一般観覧席クッション付き:2,500円※当日券は3,000円
・障害者観覧席:市内の方は無料、市外の方は500円

【パーティープラン】
・50名:300,000円
・100名:500,000円

<申し込み方法>
・芦屋市内 店舗販売
・ローソンチケット

出典:http://www.ashiya-hanabi.com/?p=934

芦屋花火大会の有料観覧席は色々なシチュエーションに合わせたプランが用意されていますので、選ぶ側にとっても嬉しいものとなっています。観覧席に加えて、フリードリンクやお弁当が付いていたりと、至れり尽くせりといった内容に♪

場所取りが大変な花火大会ですから、こういった有料観覧席を予約しておいて、ゆったりと楽しむ方法が最近では人気になってきています。検討してみてください。

終わりに

芦屋花火大会では約6,000発の打上げ花火を楽しむことができ、夏を彩る最高に一日にしてくれることでしょう!

ご紹介したように有料観覧席もあったりしますので、花火の音も楽しみたいって人はメイン会場で。混雑は嫌いだけど花火は楽しみたいって人は、穴場スポットにお出かけしてみましょう!

芦屋花火大会2017をご満喫ください☆

スポンサーリンク