健康・美容

アトピーの原因と症状は?ステロイド薬治療で完治できるの?

アトピー性皮膚炎はとても辛い病気の一つで、その苦しみはなった人にしか分からないものです。そのようなアトピーになってしまう原因とはどんなことがあるのでしょうか。

また、症状として酷くなるとどんな状態になっていってしまうのでしょうか?

標準治療薬とされている「ステロイド薬」によってアトピー性皮膚炎を完治されることが出来るのか、もとても気になるポイントです。

そこでこの記事では、それらの疑問についてのお答えしていきます。
[adsense]

アトピー性皮膚炎の原因とは?

原因と言っても諸説あり、バリア層の破壊、ストレス、遺伝といったことが挙げられますが、正確な原因を把握出来ないのが実情です。ですからアトピー性皮膚炎は「不思議な病気」と言われています。

お医者さんですら、アトピーに関しては理解していない方が沢山おられるのです。ですから、症状が重症化してしまう方が出てしまってきているとも言えます。

まずは原因については諸説ありますが、アレルギーとは全く別物と考えるべきなのです。アレルギーとアトピーを混同すると治療などがややこしくなってしまいますので、気をつけましょう。
[adsense]

症状はどうなっていくの?

初めのうちは、ちょっとした痒みを伴ってポリポリと掻いてしまったり、耳の端が切れてたりしてします程度です。ですが、症状が重症化してくると汁が出てきたりします。こうなってくると回復するまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

そこで必要になってくるのは「ステロイド」による治療です。この治療法には現実と真実があり、患者さんには現実しかお話されなかったりもしますので、こちらでお話させていただきます。

ステロイド薬で完治するの?

アトピー ステロイド

ステロイド薬を使っての治療方法は日本の治療方針を決定するガイドラインで、標準治療と決まっています。ですから、これは間違った治療法ではありません。

現に、ステロイド剤を使うことで症状が和らいで楽になったりする方もいます。

ただ、このステロイド薬には真実があり隠されています。それが「副作用」に関してです。この副作用についてはあまり一般的に公表されていませんが、実は内服薬だけでなくアトピー患者に行う外用薬でも副作用があることが分かっています。

本当はこのステロイドは外用薬であっても、長期に使用することは控えるようになっています。ただし、怠慢な医者によってこのステロイドを長期に使用されるアトピー患者が存在している事実があります。

ステロイドは数週間程度で使用を一旦中止してみるのが一般的です。ですが、医者の指導がなくただただステロイド剤を渡す治療を行った場合には年単位から数十年単位でステロイド剤に晒されてしまうので大変です。

上手くコントロール出きているうちは問題ありませんが、薬が効かなくなってくるともうどうにもなりません。どんどんと強い薬が出されて、本来使うべきでないステロイド剤さえも平気な顔をして医者はアトピー患者に処方していきます。

ステロイド剤はあくまでも短期間使用する治療法としては最適かもしれませんが、長期にわたって使用し続けることは本来のアトピー性皮膚炎を必要以上に悪化させる要因であることを、覚えおく必要があります。

まずは信頼できるお医者さまへ!

最近ではステロイドを使わないお医者さんも、全国的に多くはありませんがあります。それ以外のお医者さんではステロイド剤を使わないという選択は「非常識」というレッテルとはられたりします。

ステロイド禁忌などを口にすれば高圧的に何を言われるか分かりません。ご自身のことならまだしも、かわいいお子さんのことでそんなことを言われると悲しくなってしまいますよね。

まずは、信頼できるお医者さまを探すところから始めてみましょう!
[adsense]