Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

熱田祭り2017の日にちや時間はいつ?気になる花火は?

      2017/05/20

熱田祭り

熱田祭りは愛知県の熱田神宮で行われる例祭ですが、年中行事の中でも一番盛り上がるお祭りとして、とても人気の高くなっています。ですから、否が応でも混雑してしまいます。

ですから、しっかりと日にちや時間を抑えておく必要があります。

そして、熱田祭りの中でも最も注目を浴びる花火は2016年は開催されるのでしょうか?この当たりについての情報も掲載していきますので、是非参考になさってください。

スポンサーリンク

熱田祭り2017の日にちや時間について

会場:熱田神宮
所在地:愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
日にち:2017年6月5日(月)※雨天の場合は順延アリ
時間:午前10時から午後8時半まで
アクセス:【電車】名鉄神宮前駅下車 徒歩約3分【車】名古屋高速「呼続出口」「堀田出口」「白川出口」から
駐車場:合計400台分、東門駐車場300台、西門駐車場40台、南門駐車場60台
URLhttps://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

※注意点としては、熱田祭り当日の6月5日は駐車場は全面使用禁止になります。ですから、車でアクセスしても駐車出来ませんので、お気をつけください。

気になる花火大会は?

2017年ですが、花火大会はもちろん開催されます!日程は以下のようになります。

日にち:2016年6月5日(月)
時間:午後7時40分から午後8時30分頃まで
打上数:約1,000発

こちらの花火大会ですが、雨の場合には翌日に延びる場合があります。2014年、2015年は雨のために翌日開催となりました。

2017年はですから、出来れば雨が降らずにそのまま開催されてほしいところですね!

また会場についてですが、花火の間は熱田神宮への立ち入りが禁止されてしまいますし、近すぎてみえづらいですので「白鳥公園」がオススメされています。神宮から徒歩約15分の距離になります。

スポンサーリンク

花火の穴場スポット紹介!

前述したように、白鳥公園での花火観覧がオススメされていますが、大変混雑しますので、ある意味オススメではありません。そこで2箇所の穴場スポットを紹介させていただきます。

※花火大会当日には入れない場合もあります。

 

名古屋国際会議場
こちらも穴場スポットでして、芝生があるのですがそちらで花火鑑賞をすることができます。主に家族連れの方が利用されるので、安心して鑑賞できますね。

約500名の方が来場して、花火鑑賞をされているとのことですから、白鳥公園などに比べればかなり空いているのではないでしょう。

終わりに

熱田祭りは約25万人もの出足を記録する人気のあるお祭りです。ですから、大変混雑してしまいますので、公共交通機関を利用してアクセスしてください。また、夜には花火大会もありますので極力早めにお出かけするようにしましょう。

神宮内や周辺には、至るところに屋台があり美味しいものも沢山満喫できるはずです。あとは、雨が降らないことを願うのみですね!それでは、熱田祭りをお楽しみください。

スポンサーリンク