Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

赤ちゃんの寝返り時期はいつから?練習しないとダメなの?

      2017/03/26

赤ちゃん
眠っている赤ちゃんの寝顔、見ているだけで口元が綻んでしまいます。でもそろそろ寝返りをする時期なのに、してくれないと不安になっちゃいます。

いつになったら寝返りをはじめるのか、練習もしないといけないのか、その疑問にお答えしちゃいますね。

スポンサーリンク

うちの子、寝返りしていない?

眠っている赤ちゃんはかわいいし、パパやママがほっと一息つける時間ですよね。でもずっと同じ格好で眠っていると寝返りしないの?と心配になってきます。

赤ちゃんが初めて寝返りをするのはいつごろか知っていますか?

寝返りを始める時期には個人差があります。早い子になると約3ヵ月ごろから、遅い場合でも約10ヵ月ごろとされています。4、5ヵ月ごろから寝返りを初めてする子が一般的で、約9割のお子さんが7ヵ月すぎまでにするそうです。

早い子と遅い子で7ヵ月ぐらい差があるので、のんびりと待った方がよさそうですね。

寝返りってしないといけないの?

赤ちゃん 寝返り

私たちもずっと同じ姿勢で寝転んでいると体が痛くなってきますよね?これは重力が体の同じ部分にかかり続けるからです。それだけではなく血液の流れも悪くなります。

そしてそのままの姿勢で寝続けていると皮膚や筋肉が壊死してしまう褥瘡(床ずれ)になってしまいます。快適に眠るためには、寝返りはなくてはならないものなのです。

しかし赤ちゃんにはもう一つ心配なことがあります。

それは乳幼児突然死症候群(SIDS)です。これはその名のとおり眠っている赤ちゃんが事故や窒息ではなく、突然死んでしまう病気です。

原因は不明ですが、長時間うつ伏せのままで眠っていると病気が発症し、死亡の危険性が高くなります。自分で寝返りができても長時間うつ伏せのままだと危険は変わりません。うつ伏せで寝ていたら、仰向けで寝させてあげましょう。

スポンサーリンク

寝返りの練習って必要?

寝返りの練習をさせなくてもいいの?と考えているパパやママも多いと思います。でも無理矢理、赤ちゃんに寝返りの練習をさせる必要はありません。だけど赤ちゃんが寝返りしようとしていて失敗していた。そのような姿を見た時は、少し手助けしてあげるのもいいかもしれません。

赤ちゃんの筋肉はまだ十分に発達していません。だから私たちみたいに上半身から寝返りをすることができません。そのため、赤ちゃんは下半身の力を使って寝返りします。

赤ちゃんが寝返りをするタイミングで足を軽く持って補助してあげてください。私たちが小さい頃、補助してもらって逆上がりの練習をした時みたいに、その補助がきっかけになって寝返りのコツを掴みます。

寝返りをすると眠りが浅くなって泣いちゃう赤ちゃんもいるので、昼間の起きている時間にうつ伏せの状態に慣れる練習もあわせてするといいかもしれません。

成長するための第一歩

たかが寝返りと思うかもしれませんが、これは赤ちゃんを卒業するための重要なステップの一つです。だから全てに手を差し伸べる必要はありません。自分自身の力で成し遂げることが大切なのです。

でもなかなか寝返りをしなくても不安にならないでください。なかにはのんびりしている子や寝返りする気分になかなかならない子もいます。その時になるまで温かく見守ってあげてください。

赤ちゃんは大人になるための階段を上り始めています。その瞬間を待ち続けてあげることがパパやママの成長にもなりますよ。

スポンサーリンク