子育て

赤ちゃんが咳き込む・鼻水・痰が止まらない原因と治し方は?

赤ちゃん

赤ちゃんが鼻水ズルズル、咳込んで、痰も止まらない。風邪かなと思う方がほとんどですね。

でもちょっと待ってください。もしかしたら風邪以外の原因かもしれないんです。今回はそのような場合の治し方をご案内しますね。
[adsense]

鼻水が痰に変身?

痰は喉に入ったちりやほこりが粘膜に絡まってできます。風邪など病気になった時だけではなく、健康な時でも痰はできます。

でも痰は喉以外でもできることがあります。それは『鼻奥から喉へと落ちた鼻水』からです。

赤ちゃんの呼吸は基本的に鼻呼吸です。鼻が大量に出て、鼻づまりを起こしても鼻で呼吸をしようとします。そして吸い込んだ時に詰まっている鼻水が喉へと流れていくことになります。

赤ちゃんはまだ上手に痰を出すことができません。鼻水混じりの痰は通常の痰よりも粘度が強くなっています。そのため、なかなか痰を出せずに苦しく咳き込む赤ちゃんが多いです。

原因は風邪以外も?痰の色で確認

ウイルス

咳き込んで、鼻水も痰も止まらないと風邪引いたかな?と思うパパやママが多いと思います。ほとんどの原因は『風邪のウイルス』によるものです。しかしなかには風邪以外が原因のものがあります。そのときの見分け方が『痰の色』です。

風邪を引くと、風邪のウィルスや菌などが混じって痰の色が『黄色』、『クリーム色』、『黄土色』になります。

しかし、蓄膿症や緑膿菌に感染すると痰の色が『緑色』もしくは『黄緑色』になります。

また喉の粘膜が傷ついた時や胃腸の病気になった時は『赤色』の混じった痰がでてきます。

通常と違う色の痰が出た時はすぐに病院で診察してもらいましょう。また風邪の場合でも悪化させると気管支炎や肺炎といった病気になることがあります。早期治療を心がけ、早めの受診をしましょう。
[adsense]

苦しい痰を楽にする4つのポイント

赤ちゃんの咳、鼻水、痰が止まらない場合、痰を出しやすくしてあげると咳が少なくなるのでかなり楽になります。痰を出しやすくする4つのポイントをご紹介します。

1.普段より水分をたくさんとる。
喉が乾燥していると、大人でも痰がひっかかるような感じがします。母乳やミルク、白湯などで喉を潤してあげましょう。喉が潤っていると痰が出やすくなります。

2.部屋の湿度を上げる。
部屋の中の湿度が低下してしまう事で、乾燥しやすくなってしまいます。すると喉や鼻が乾燥してしまいます。湿度を上げる事で、水分を摂取した時と同じように喉が潤うだけでなく、鼻のとおりもよくなります。

また乾燥すると風邪ウィルスや菌に感染しやすくなります。普段から加湿することで風邪の防止もできますよ。

3.抱っこの形でとんとんと背中を叩く。
赤ちゃんを縦向きに抱っこして、とんとんと背中を叩くことによって、少しずつ痰の位置が変わって外に出やすくなります。

何度も繰り返していると、痰と一緒に母乳やミルクが出てくることがあるので、タオルなど拭うものを準備しておくといいですね。

4.寝ている姿勢を変える。
赤ちゃんを仰向けに寝かせて、上半身の下に座布団や布団を敷いて傾斜をつけます。角度をつけることで、咳が止まりやすくなります。首が座った赤ちゃんなら、横向きでもいいです。

ただ長時間このような姿勢をさせると体が痺れてきたりするので、定期的に姿勢を変えてくださいね。

一番は予防と早期治療

病院

赤ちゃんは風邪を引くと、進行が早くたちまち悪化してしまうことがあります。そのため、パパやママは手洗い・うがいを徹底して、部屋の換気もしましょう。パパやママが風邪を引いた時は、マスクをして感染させないようにしてください。

そして赤ちゃんが風邪を引いてしまっても痰の絡むような咳が始まる前に、病院を受診してくださいね。
[adsense]