Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

江戸川区花火大会2017の時間は?穴場な場所と屋台情報!

      2017/05/04

東京都江戸川区で開催される「江戸川区花火大会」!この花火大会では、大きく分けて八つのプログラム構成で展開されていきます。

今回は江戸川区花火大会としての情報、日程や時間、穴場となる場所、屋台に関する情報について詳細をお伝えしていきます。

2017年の江戸川区花火大会をタップリと満喫するためにも、是非参考になさってください。

スポンサーリンク

江戸川区花火大会2017の時間日程はいつ?

日程:2017年8月5日(土)、荒天時は翌日6日に順延、6日が荒天の場合には中止
時間:19:15~20:30
場所:江戸川河川敷
住所:江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先
打ち上げ数:約14,000発
お問い合わせ先:江戸川区花火大会実行委員会事務局、TEL03-5662-0523

江戸川区花火大会2017は8月5日(土)の19:15~20:30と約1時間15分間に渡って開催されます。実に約14,000発にもなる打ち上げ数が観れますので、充分に満喫できそうですね。

アクセス詳細はこちら!最寄り駅と駐車場は?

アクセス方法:【電車】都営地下鉄「篠崎駅」より徒歩約15分、JR「小岩駅」、京成電鉄「京成江戸川駅」より徒歩約25分、都営地下鉄「瑞江駅」より徒歩約45分

駐車場:専用駐車場ナシ

穴場スポットは?

花火大会

江戸川区花火大会は都会での花火大会と言うこともあって、穴場となるスポットがほとんどありません。離れた場所になるとマンションなどの高い建物が邪魔をして、花火を上手く鑑賞出来ません。ですから、ベタと思える鑑賞スポットで観る事をオススメしています。

また、江戸川区側が約90万人に対して、市川市側は約45万人と半分の数になる事からも、市川市側に行って観るというのも良いでしょう。

・篠崎公園
住所:東京都江戸川区上篠崎1

こちらは、打ち上げ会場となる場所の真正面で一番混雑するスポットです。ですが、一番見やすいということあって混雑しても場所取りしたいスポットですね。

あまりに遅くならない時間帯であれば空いているスポットはありますので、場所取りをしましょう。

・市川会場
アクセス方法:JR総武線「市川駅」より徒歩約15分、JR総武線「本八幡駅」より徒歩約30分、京成電鉄「国府台駅」「市川真間駅」より徒歩約20分

会場チェックはこちらから⇒
http://www.ichikawa-hanabi.jp/kaijou.html

・行徳会場
アクセス方法:東京メトロ東西線「妙典駅」より徒歩17分

市川市側でもゆったりと鑑賞できるスポットがアリます!それがこちらの「行徳会場」という場所で、少し離れたスポットですが混雑嫌いな人にはオススメです。

会場チェックはこちらから⇒
http://www.ichikawa-hanabi.jp/kaijou.html#gyoutoku

スポンサーリンク

屋台の数は?どこに出ているの?

屋台数はかなりの数が出ていますので、全く心配いりません!その分、人出もとんでもない数になっていますので混雑時には屋台に辿りつけないなんてこともあります(汗)

また各最寄り駅から江戸川河川敷にかかえて屋台に出店がありますが、実は江戸川区側よりも市川市側の方が屋台がズラズラっと並んでいるんですよね。

しかも市川側の方が江戸川区に比べると人出が断然少ない(少ないと行ってもかなりの数です)ので、屋台にありつける確率も高くなりそう♪屋台を楽しむなら市川側に行ってみるのも良いでしょう!

絶対に外せないオープニング!

江戸川区花火大会ですが、絶対に外せないのは5秒間で約1,000発も打ち上げるオープニングです。このオープニングを見逃してしまうと、満喫度は半減してしまうので7時15分開始に合わせておきましょう!

また、江戸川区側にはない有料観覧席が市川側には用意されています。都合で場所取りが難しい人や混雑を避けたい人はこの有料観覧席を使ってみてはいかがでしょうか?

市川市民花火大会の観覧席情報はこち⇒
http://www.ichikawa-hanabi.jp/zaseki.html

スポンサーリンク