Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

消防記念日(3月7日)って何の日?意味と由来を紹介!

      2017/01/11

消防車

本日の記事は毎年やってくる「今日って何の日なの?」シリーズですが、3月7日の「消防記念日 」にスポットを当ててみました。

消防記念日って何の日??

どんな事するのか気になりますよね。消防と聞くと火事のイメージが強いのであまり良いイメージがありませんし、その記念日??となってしまうはずです。

そこでこの記事では、「消防記念日って何をする日なのか」「意味や由来ってどんな事なのか」「なぜ3月7日に決まったのか」などなど、素朴な疑問についてお答えしていきます。是非、確認してプチ知識にしてみてください。

スポンサーリンク

消防記念日 (3月7日)の意味と由来

3月7日が消防記念日となっていますが、その意味や由来について調べてみました。消防記念日が3月7日に決まったのは、1948年の3月7日に「消防組織法」という法令が施行された日になります。

この消防組織法によって、それまでは警察の傘下にあった消防が独立し、全国の市町村長が管理できるようになったそうですね。

消防組織法の法令によって、全国各地に消防署や消防団が設置される事になりました。そして記念日として1950年から3月7日を「消防記念日」としたとの事です。

また毎年、春に火災予防運動が全国で開催されています。その期間が3月1日~3月7日となっていますので、最終日が消防記念日だと覚えておくと良いでしょう。

消防記念日のイベントは?

消防記念日のイベントですが、全国各地の消防署などにおいて記念式典や、消防に対する功労者への表彰などがされるそうです。消防に携わっている人にとっては3月7日は大切な日なんですね。

消防に対するウンチク話

消防記念日
◎世界で最も古い消防隊はいつなの?

世界で最も古いとされている消防隊は、実はローマ帝国時代にあったとされています。西暦で言うと、西暦前17年です!イエス・キリストが生まれるより前の話ですから、かなり昔ですよね。

時代劇などでお馴染みの「やぐら」を組んで、その上から見張っていたそうですよ。

◎火災の原因で多いのは?

火災の原因で多いのは「たばこ」なんです。たばこの不始末によっての火災が多くなっています。寝たばこなどしてそのままにしてしまったりするのが原因だそうですね。

あと、実は「放火」という原因も多いんです。放火だけで全体の2割程度になっているとの事ですが、止めて貰いたいですね。

◎消防車はそうして赤いのか?

実は、法令で赤い色にしなければならない!と決まっているからなんです。なので消防によって青色にしたり、黄色にしたりする事は出来ません。

余談ですが、白バイならぬ赤バイというものがその昔にあったそうです。火災があれば赤バイで真っ先に駆けつけて人命救助にあたっていたんです。この赤バイですが需要の問題などもあって、1976年に廃止されたそうです。見てみたかったですね!

スポンサーリンク

その他の3月7日記念日

3月7日にはその他に様々な記念日がありますでの、紹介しておきます。

・警察制度改正記念日(消防組織法から)
・東京消防庁開庁記念日(消防組織法から)
・サウナ健康の日(語呂から)
・メンチカツの日(語呂から)

消防に携わっている人に感謝!

3月7日 何の日

いかがでしたか、消防記念日についての意味や由来については理解していただけましたか?なぜ3月7日になったのかは「消防組織法」が施工された日だったからでした。勉強になりますね!

火事などの災害にあたっている消防署の人はもちろんですけど、小さな村町などで一般人で形成されている消防団の人たちには感謝しなければいけませんね。仕事ではなく、ほぼ無償でやってくれているのですから。

消防に対して、良いイメージを持っていた人も悪いイメージを持っていた人も、これを気に消防記念日を知っていただければ消防に携わっている人も嬉しいはずです!

本日はここまでになります。最後まで消防記念日に関する記事を読んでくださり、ありがとうございました!また「今日って何の日なの?」シリーズを宜しくお願いします。

スポンサーリンク