Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

ぎっくり背中の治し方・治療法・対処法は?原因と症状紹介!

      2017/02/27

ぎっくり背中

皆さんは、ぎっくり背中って聞いたことありますか?ぎっくり腰はよく耳にする症状だと思いますが、ぎっくり背中に関してはあまり知られていないのが現状ではないでしょうか。

それゆえ、ぎっくり背中になってしまっても、「どのように対処・治療すればいいんだろう?」と治し方の見当がつかなかったり、さらに言えば「背中が痛いけどこれは何なのか…?」とぎっくり背中に気づく事さえできなかったりすることも多いものです。

今回はそんなぎっくり背中について皆さんにもっと知ってもらうべく、治療法や対処法、またそもそもどういった症状で、どんな原因で起きているのか等いろいろとまとめてみました!是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

あなたも危険かも?!ぎっくり背中の原因と症状

さて冒頭でもお話ししたように、ぎっくり腰は皆さんよくご存知ですよね。この腰にくるぎっくりの方は、人によって様々で一概には言えませんが、椎間板や腰椎などの骨に関する部位が原因を引き起こす事が多くあります。

ところが、背中にくる方のぎっくりはと言いますと、筋肉に関する部位の損傷等が主な原因とされています。

普段体を動かす事をほとんどしない人が、背中を反らすような動作を急に行ったことで背中の筋肉が断裂してしまったりするなど、ほんの些細な事がきっかけとなります。

つまり、根本的な原因はと言うと背中の筋肉が凝り固まってしまっていることや筋力が低下してしまっていることです。

具体的には

・適度な運動やストレッチを日常的にしていない事こと
・日頃から姿勢が悪いこと
・加齢などによって筋力が弱くなっていること

などが原因としてあげられ、筋肉が弱っていたりカチカチの状態になっていると、急な動作をしようとした時に筋肉が上手く伸縮できないために筋肉を損傷してしまったりして、ぎっくり背中が起こるというわけです。
代表的な症状は、

・急に背中にピキーンと激痛が走ったり
・ある姿勢をとると、いつも背中の同じ部位が攣ったように痛んだり

といったもので、酷い場合には呼吸をするだけでも痛く、息をするのも嫌になるほどです。これはあまりに辛いですね。一刻も早く治したいものです。

スポンサーリンク

誰でも簡単!治療法と対処法

ぎっくり背中 対処

では次にぎっくり背中の治療法や対処法をご紹介します。先ほどの症状を感じていたり、もしもの場合には是非参考にしてみて下さい。

○治療法
治す際の基本は「安静」です。

・湿布をして冷やし
・安静にしていること

これらがぎっくり背中を治す近道です。もちろん著しく痛む場合等には病院を受診する事をおすすめしますが、自分でできる治療法としてはこの2つを守ることが重要です。間違ってもマッサージしたり温めたりしてはいけませんよ!

早ければ1週間~10日ほどで痛みは治まってきますが、無理は禁物です。ぎっくり背中はかなり再発しやすいものと言われていますので、完全によくなるまでしっかり治療しておきましょう。

○対処法
また、痛みを感じた時に応急的に行う対処法としては

・さらしやタオルなどで背中からお腹の方に向けてぐっと縛っておくことや
・氷水を入れた袋などで患部を冷やすこと

が有効的です。これらをすみやかに行い、あとはできるだけ安静にしておきましょう。

まとめ

ぎっくり背中 予防

いかがでしたか?ぎっくり背中について少しは分かって頂けましたか?

急な動作などから背中に激痛が走ったら、それはぎっくり背中かもしれません。患部を冷やして、尚且つ安静にして症状を改善していってください。

また、もちろんこうなる前にきっちり予防することも大切です。普段から筋肉を正常な状態に保つために、適度な運動や毎日のストレッチを欠かさないよう意識してみて下さいね!

スポンサーリンク