Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

八戸花火大会2017の穴場は?駐車場&プログラム時間情報

      2017/06/16

八戸花火大会

青森・八戸市の夏の恒例、八戸花火大会。漁港から夜空にあがる壮大な花火と共に、東日本大震災よりの復興の証、元気と活力を届ける発信源となっています。

ここでは八戸花火大会2017のプログラムの時間などの内容、駐車場・アクセス情報、花火のおすすめの穴場などをご紹介します。これら皆さんの気になることを、確認していきましょう。

スポンサーリンク

八戸花火大会2017プログラムの時間はいつ?花火大会内容

【第37回・八戸花火大会】
開催日:2017年8月20日(日) 荒天の場合、27日(日)に延期予定
時間:19時~20時半
会場:八戸館鼻漁港(青森県・八戸市)
問合せ:八戸花火大会 大会委員会 事務局 電話:(0178)41-1661
HPhttp://www.8hanabi.jp/

漁港ですぐそばは海、さえぎる高い障害がありません。花火の打ち上げに近いため、会場からは大迫力の花火が楽しめちゃいます。

花火をみるのにおすすめ!3つの穴場スポット

1.館鼻公園
住所:青森県八戸市館鼻
会場最寄り駅・陸奥湊駅より徒歩約10分。駅近で移動も楽。トイレもあって便利。高いところから下に眺める花火がきれいにみえる。

2.八戸港・ポートアイランド緑地
住所:青森県八戸市豊洲
人工島の広い敷地内にベンチが多い。混雑が少なめで、ゆったりすごせる。打ち上げ会場からまっすぐの位置にあり、きれいで迫力ある花火を楽しめる。徒歩で行くには離れているので、車で行く方向き。

意外と安い!?有料席も

有料指定席:4名用・シート席 ¥5000 (1マス:1.8m×1.8m 最大4名まで)

有料ですが、場所取りなしで絶景の花火を楽しめるメリットがあります。1シート単位で4名まで利用できるので、一人当たり¥1250になりますね。

販売期間:7月1日~(予定)
販売先:(公社)八戸観光コンベンション協会、ローソンチケット

問合せ:(公社)八戸観光コンベンション協会 電話:(0178)41-1661

有料指定席ページ⇒
http://www.8hanabi.jp/paidseat.html

スポンサーリンク

アクセス!駐車場・関連情報

アクセス方法:【電車】JR八戸線・陸奥湊駅より徒歩7分、JR八戸線・白銀駅より徒歩10分 【バス】市営バス(湊トンネル経由:鮫行き)「新湊二丁目」を下車、徒歩約3分

会場周辺に駐車場は用意されません。また当日は混雑や渋滞なども予想されます。なるべく交通機関のご利用がおすすめです。

花火大会の会場まで移動できる、シャトルタクシーも運行されます。

<シャトルタクシー>
料金:片道 ¥1,000(1台・4名様まで)
乗降区間:ラピア前・臨時駐車場 ⇔ 花火大会・会場
運行時間 :(行き)16時半~18時 (帰り)20時~順次運行

グループの乗り合わせで行けば、一人¥250と高くないです。混雑が見込まれるので、ご利用はお早めに。

乗降場所、詳細はこちら⇒
http://www.8hanabi.jp/venue.html

もし車で、という場合。会場最寄り駅にあたる陸奥湊駅、白銀駅付近で民間の駐車場を探すことになります。

交通規制:13時~22時 車両進入禁止(会場周辺)

会場周辺は避難経路の確保、また安全のため車両禁止・駐車禁止となります。

会場略図⇒
http://www.8hanabi.jp/venue.html

まとめ

八戸花火大会は、会場からの大迫力な花火に加え。見晴らしがよく美しい花火をみるスポットが比較的多いようで、うれしいですね。

大仕掛け、100種類もの豪華な競演! 花火の打ち上げを潮風の音と香りも感じながら、味わってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク