Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

花輪ばやし2017の日程はいつ?見所と屋台とアクセス情報

      2017/05/12

秋田県鹿角市の夏の風物詩「花輪ばやし」は祇園ばやし、神田明神ばやしと共に日本の三大ばやしの一つです。国の重要無形民俗文化財にも指定されているんですよ。

このお祭りの見所といえばやっぱり屋台!夜通しお囃子の音とともに、きらびやかな屋台が町をパレードします。賑やかで華やかなお祭りを見てみたいですよね?

今回は2017年の日程やアクセス方法を調べてきたので、遊びに行く参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

8月19日、20日の2日間!

花輪ばやしは今年も例年通り「8月19日、20日」に開催されます。お祭りは夜通し行われ、行事は次の通り行われます。

・8月19日(金)
17:30~23:00 御旅所詰

・8月20日(土)
0:00~6:00 朝詰パレード

11:00~19:00 町内自主運行

19:00~2:30 赤鳥居詰パレード

場所:JR鹿角花輪駅周辺

今年は金曜日・土曜日とお祭りが週末に行われるので、例年より人出が多くなりそうですね。

見所は屋台パレード!オススメ3スポット

花輪ばやしの屋台は金箔、総漆塗りです。この絢爛豪華な屋台は花輪地区にある10町内がそれぞれ持っています。そしてお祭りになるとお囃子の音とともに町内を練り歩きます。

この時演奏されるお囃子も12曲が現在まで伝承されていて、特に有名なのが行進曲風の「本屋台ばやし」です。花輪ばやしと聞いてこの曲を思い浮かべるという人も多いですね。

屋台の練り歩く姿をただ眺めているのもいいですが、より深く楽しむためにオススメの3スポットをご紹介しますね。

1.駅前広場
御旅所詰と赤鳥居詰パレードでは途中、駅前広場に全町内の屋台が集合します。御旅所詰では「19:50~21:15」、赤鳥居詰パレードでは「20:40~21:30」ごろです。

駅前に円陣を組んで並ぶ10の屋台の姿は圧巻です!ここではただ集合するだけではなく、お囃子の競演や審査が行われます。

2.谷内田町と六日町の町境
朝詰パレードの際、谷内田町と六日町の町境で直接屋台をぶつけ合う喧嘩屋台が恒例になっています。お囃子合戦や大小の小競り合いは各町境で起きますが、本当に屋台をぶつけるのはココだけです。

3.稲村橋
朝詰パレードの一番の見所です。稲村橋の上に10町内の屋台が勢ぞろいします。煌々と灯る提灯が美しいです。

19日の夕方から始まって21日の未明までお祭りはずっと続きます。お祭りに参加している人はこの2日間ほとんど休むことがないとか!

祭りへの情熱が疲れや眠気を吹き飛ばしてしまうそうですよ。どれだけ地域の人に愛されているかわかりますね。

スポンサーリンク

花輪ばやしへのアクセス方法

【電車】JR花輪線「鹿角花輪駅」下車すぐ

【車】東北自動車道「鹿角八幡平IC」より、国道282号を北方向に進む

鹿角花輪駅周辺で行われる祭りなので電車が便利なのはもちろんですが、自家用車で行くこともオススメします。夜通し行われるお祭りなので、電車だと途中で帰りたいと思っても電車が動く時間まで待たないといけません。

【駐車場】:鹿角市役所、あんとらあ道の駅の2箇所

臨時駐車場から会場までのワンコインバスも出ているので、会場から少し遠い駐車場でも安心ですよ。

ただ駅周辺は「19日の11:00~21日の5:00まで」交通規制が行われているので、注意してください。

もちろん朝までお祭りを全力で楽しんで、十和田湖や玉川温泉などの宿泊施設でゆっくりするのもオススメです。東北の短い夏の最後を彩る花輪ばやしをあなたも燃えるように楽しんでくださいね。

スポンサーリンク