Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

手足口病の初期症状と潜伏期間は?保育園への登園はダメ!?

      2017/04/04

手足口病とは、聞いただけですとちょっと恐いような病気に聞こえるかもしれません。この手足口病とはどういった病気なのでしょうか。

手足口病の初期症状や潜伏期間についても気になるところですね。

そこでこの記事では手足口病についての疑問を解消する内容をお伝えしていきます。また、保育園への登園はダメなのか!?お風呂はどうなの?といった事に関しても、お伝えしていきますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

手足口病の初期症状は?

手足口病ですが、基本的にはヘルパンギーナと同じウイルスが原因で発症する病気です。(ヘルパンギーナについてはこちらで詳しく解説していますのでご参考に)

初期症状としては、ヘルパンギーナのように発熱を伴わない場合があります。手足口病の場合にはその名の通り、手や足や口、おしりや膝に水疱を発症させます。発熱については発症しても、そこまで高くはなりません。

潜伏期間は?

ウイルス

潜伏期間については、ウイルス感染してから2日から4日程度とされています。症状の発症期間とすればそこまで長くは無いのですが、ウイルス自体の潜伏期間は2週間から1ヶ月程度はあります。

基本的には、自然に治っていきますし、特効薬もありません。お子さんが持っている治癒力によって症状を改善していくことが出来ます。

また、ヘルパンギーナのような高熱の心配もそれほど高くありませんので、症状としては比較的軽くで済む場合もあります。ただし、風邪の一種ですから、水分の補給はいつも以上に気を配ってくださいね。

保育園への登園について

出来れば、保育園へ行かせたいという気持ちがあるでしょう。このウイルス感染の場合には、ウイルス潜伏期間は発症が落ち着いてからも2週間から1ヶ月程度あります。

手足口病は症状も軽くで済みますので、食欲が戻ったり元気になれば登園させてもよいでしょう。ご自身の判断では心配な場合には、医療機関で相談して診断書をもらってからにすればトラブルも防げるでしょう。

夏風邪の一種ですから、一度拡散されるとお子さんの間では広がるのもそれほど時間がかかりません。また、風邪ですので事前の予防接種を受けることも出来ません。

ですから、夏場でも当たり前のようにうがいや手洗いをするようにしてください。これだけでも感染を予防する効果が期待できます。

スポンサーリンク

お風呂は入れるの?

風邪の一種ですから、それほど神経質にならなくても大丈夫です。発熱がある場合は、水疱が出ている場合には控えるようにしましょう。症状が落ち着いてくれば、様子をみてシャワーなどから始めてください。

ぶつぶつと水疱がある場合には、無理に入ったりしないほうが良いでしょう。夏場ですからできるだけ入らせてあげたいですが、そこはぐっと我慢ですね。

まとめ

手足口病は、それほど恐い病気ではありません。言葉だけ聞くと恐い印象を持ちますが、実は症状は水疱のみ(場合によっては微熱も)という場合が大半です。

自然に治っていきますが、飛沫感染、接触感染、糞口感染といったこともありますので、十分に気をつけてください。

スポンサーリンク