Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

蓮沼ウォーターガーデン料金と営業時間!駐車場&最寄駅は?

      2017/04/08

蓮池ウォーターガーデンは、夏季限定オープンの千葉県最大級のプールで東京ドーム1個半分もの大きさを誇っています!

16種類のプールや4種類のスライダーがあり、2015年にオープンしたばかりの新ウォータースライダ―「スプラッシュシェイカー」は、多くのメディアにも取り上げられ、特に人気です。

種類が豊富な蓮池ウォーターガーデンは、大人から子どもまで家族みんなで遊べるので毎年たくさんの人が訪れています。

そんな人気の蓮池ウォーターガーデンについて、話題のスプラッシュシェイカーの魅力や今年の営業期間や料金はどうなっているのか?

また、初めて行かれる方へ、駐車場情報や最寄り駅などの交通アクセスなどを詳しくご紹介しましょう。

スポンサーリンク

蓮沼ウォーターガーデンの料金について

(入園料)
大人:1,440円
高校生:1,030円
小中学生:510円
幼児(4才以上):230円
※障がい者は手帳提示で本人と付添者が半額

(プール別料金)〈1回/人〉
スプラッシュシェイカー:400円
サンダースライダー:200円
トルネードツイスト:200円
ウィザードスライダー:200円
渓流下り:200円

蓮池ウォーターガーデンの営業時間について

営業日程:7月9日(土)~9月19日(月)
時間:午前9時から午後5時まで
休園日予定日:7月11~15日、9月1~2日、9月5~9日、9月12~16日

駐車場と最寄り駅について

・駐車場:収容台数 1600台
(料金)〈1日〉
普通車:600円
大型バス:2,200円
オートバイ:100円

・最寄駅はJR千葉駅、総武本線成東駅で、それぞれ直行バスが出ています。

スポンサーリンク

蓮池ウォーターガーデンをより楽しむ裏ワザ情報!

・その1→入場料をお安くゲットするには、毎年6月~8月上旬にJTB、ローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイドなどで前売り券を販売しています。

千葉駅からの直行バスは往復運賃+プールチケットのセット料金があり、前売り券があれば、当日ゲートで並ばずに済みます。

・その2→営業時間ですが、混雑する時期は通常9時開園が、8時半になることがあります。

早めに行ったつもりがもう入場が始まっていたということにならないように、早め早めを心掛けましょう。

・その3→駐車場は専用駐車場の他に、あまり歩かなくて済むというので、ゲート付近の民家の方が呼びかけをして、自分の敷地内に停めさせてくれることがあるようです。

値段に幅があるので、上手く交渉してみるのもいいかもしれませんね。

・その4→休憩エリアですが、有料エリアは当日受付が必要です。

日陰の場所が少ないので、お金をかけずに快適に過ごすには、パラソルやミニテントなどを持参して、熱中症にならない為の対策をしていった方がよさそうです。

蓮池ウォーターガーデンで楽しい思い出を作るために

まず、入場するまでに疲れきってしまわないように、チケットは前売り券を用意し、出来るだけ早く入園できる方法を考えましょう。

そうすれば、いい休憩場所も確保できますし、人気のスライダーの長蛇の列に並ばなくて済むかと思います。その人気の「スプラッシュシェイカー」は、全長182m、4つのアトラクションを融合していると言われています。

暗闇のらせん状を急降下、7色のイルミネーションの中をくぐり抜けたりと、今までにない新感覚のスライダーで、他では味わうことが出来ない驚きが体感出来ます。

一日の大半を待ち時間が占めてしまった、なんていうことにならないように、入念な準備をしてどうぞ思いっきり熱い夏を楽しんできてください!

スポンサーリンク