Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

ヘルパンギーナの子供の症状と感染力は?保育園登園はいつ?

      2017/04/04

ヘルパンギーナは「エンテロウイルス」と言われるウイルスの感染によって起こる風邪の一種とされています。このヘルパンギーナですが、ほとんどが4歳以下の子供がかかる病気です。

その症状ですが、どのような症状が発症するのでしょうか?また、感染力は強いのか弱いのかも知りたいところですね。

感染、発症してしまった後に、保育園や幼稚園への登園が可能なのかについてもお伝えしていきます。是非、参考になさってください。気になる治し方についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの症状とは?

症状ですが、「喉の風邪」と呼ばれるくらいですから喉に症状が出てきます。発熱とともに、喉が赤くなり腫れてきます。そして、喉に水疱が出てきます。大きなものになる5mmくらいに、通常では1-2mmほどの大きさになります。

その後、水ぶくれが潰れていき痛みを発症。発熱を2から4日間ほど続いていきます。感染してからは、約2日から4日間ほど潜伏期間があります。

また、ヘルパンギーナが重症化すれば、意識障害や呼吸困難などの症状を発症させる場合もあります。だからと言って、あまりに心配しすぎることも必要ありません。

※ヘルパンギーナは、ヘルペス「水疱」とアンギーナ「痛み」が組み合わさって出きたものです。

ヘルパンギーナの感染力は?

ウイルス

ヘルパンギーナですが、症状が落ち着いてからも長い期間に渡ってウイルスは存在します。便からウイルスが排泄されてきますので、注意が必要になります。期間は2週間から1ヶ月とも言われています。

大人に感染する可能性は極めて低い感染力ですが、疲れていたり寝不足が続いていたり、ストレスが溜まっていたりするとうつる可能性も否定できません。おむつ交換などをする際には、マスクや手袋をして2次感染にも気をつけてましょう。

また、お子さんには感染力が強いので注意が必要ですね。

保育園や幼稚園への登園はどうなの?

先ほどお伝えしたように、ヘルパンギーナのウイルスは長期に渡って存在します。症状が落ち着いたからといってすぐに登園させるのは禁物です!

お子さんの症状が完全に回復して、食事内容も元に戻ってきたようでしたら登園も可能でしょう。

スポンサーリンク

治し方は?

ヘルパンギーナの治し方についてですが、残念ながら特効薬がありません。対処療法として、解熱剤を服用することや、脱水症状にならないような注意が必要です。

特に、喉が痛くなるので水分を取りづらくなっていますから、脱水症状にならないように十分に気をつけてください。

基本的には、お子さんの自然治癒力に期待するほかありませんが、こまめな水分補給はしてあげてください。

まとめ

手洗い

うがいや手洗いなどで感染しづらくする予防が大切ですが、発症してしまう場合もどうしても出てきます。発熱を伴って、喉が赤くなってきているようでしたらヘルパンギーナの疑いがあります。

放置しておくと、髄膜炎や脳炎、急性心筋炎といった重症化することもありますので、医療機関へかかるようにしましょう!

また、症状が落ち着いたからと言っても潜伏期間は約1ヶ月ともなることもあります。十分に気をつけなければいけない病気です。

スポンサーリンク