健康・美容

帯状疱疹になる原因と症状とは?感染・うつる事は無い!?

帯状疱疹とは、一言で表すと「苦痛を伴う皮膚の病気」です。どんな方でもこの帯状疱疹になる危険性をはらんでいます。

そこで、この記事では帯状疱疹になる原因や症状について、感染経路についてお伝えしていきます。うつる可能性があるなら気をつけておきたいですしね。
[adsense]

帯状疱疹の原因は何?

原因は「水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」によって、帯状疱疹という病気に罹ってしまいます。これは「水疱瘡(みずぼうそう)」と同じウイルスとされています。

例えば、幼いころにあなたが水疱瘡を発症していたとします。その時は治療をして軽快に向かい何とか乗り切ったとします。その時に発症したウイルスは、一旦収まっただけなんです。

あなたの身体の内部で、ひっそりと復活する時期を狙っています!真の復活期をウイルスは狙っているということなんです。

帯状疱疹を発症する原因は分かりましたが、なぜ発症してしまうのか?これには、様々な要因が重なりあって出てきてしまうのです。

単純に、加齢によって体力が無くなった時を狙って出てくることがほとんどでした。ただし、現代では若い人やスポーツ選手など体力が比較的ありそうな人でも発症してしまいます。

これは、過剰過ぎるストレスがかかったり、免疫抑制剤を使用したりと、免疫力が落ちてしまったことによるものです。免疫力が弱る=ウイルスが発症しやすくなるというわけです。

どんな症状が出てくる?

症状ですが「痛み」「かゆみ」が強く発症します。皮膚がちくちと水ぶくれのようになってきて、痛みが出てきます。これが帯状に広がることから帯状疱疹とも言われています。

症状の多くは、お腹や背中、胸などに現れますが、顔や手など目立つ部分に出てくることもあります。

また、「帯状疱疹後神経痛」と言われるものがあって、皮膚の症状が良くなったあとでも痛みはずっと続いてしまうことがあり、このように言われています。特に顔などに現れて、目の近くになるとこの後神経痛が出やすくなります。
[adsense]

感染したり、うつることはないの?

帯状疱疹が感染したり、うつることが無いとされています。ただし、帯状疱疹の場合には「水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」によるものですから、水疱瘡になったことが無い人には「水疱瘡」になる事はあります。

特に、小さいお子さんで水疱瘡になっていない場合には、感染には注意が必要です。飛沫感染はしませんので、同じタオルや食器を使わないなどで感染を免れます。

まとめ

治療

帯状疱疹は一度感染すれば、二度と発症することがほぼ無い、一生に一度の病気です。回復には症状が現れてから約1ヶ月程度かかります。その間、強い痛みを伴いますので苦痛な時間を過ごさなければなりません。

自宅でやり過ごすには、重症化する危険もあるので、医療機関に行きましょう。ポイントはチクチクするような痛みが現れてきた場合です。

早い段階で内服薬を服用することで、症状が落ち着くまでの時間も早まります。また、お薬を途中で止めてしまうと抗体が出来てしまったりしますので、お医者さんから渡された薬は勝手に止めずに飲みきりましょう。
[adsense]