Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

姫路みなと祭り2017の日程時間と駐車場は!?

      2017/07/24

花火大会

姫路みなと祭りは例年、7月の下旬に姫路港で開催されている夏祭りです。お祭りではフィナーレに盛大に花火大会が行われ、約7万人の出足を記録しています。地方型のお祭りと言える規模ですね。

そんな姫路みなと祭りですが、2017年の日程や時間が決定したのでお知らせさせて頂きます!

また花火大会の穴場スポット情報やアクセス情報(駐車場・最寄り駅)もこちらに載せてありますので、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

姫路みなと祭り2017の日程時間について

日程:2017年7月29日(土)、荒天時は翌日に延順
当日決行の有無の確認は電話:0180-99-3590 にてご確認ください。
時間:午後5時~午後8時45分
場所:姫路港(飾磨地区)
打ち上げ数:約4,000発

開催日当日の午後5時から行われる姫路みなと祭りですが、実際には花火大会は午後7時30分~午後8時45分までですので、この間がお祭りのメインイベントとなります。

また、一昨年は姫路城が改築された記念として約5,000発になりましたが、昨年からは例年通りの約4,000発となっています。それでも、十分に見応えはある内容となっています!

アクセス方法!駐車場はあるの?最寄り駅は?

駐車場:専用駐車場ナシ
アクセス方法:【電車】山陽電鉄「飾磨駅」より徒歩25分または駅から無料臨時シャトルバス使用

この姫路みなと祭りでは、専用駐車場は用意されていないとのこと。また、通行止めなどの交通規制も敷かれるので、マイカーでの会場近くまでのアクセスは控えたほうが良いでしょう。

その点、電車を使えば駅から無料シャトルバスの運行もされていますので、アクセスしやすいかと。ただし、花火大会が始まる30分前くらいでシャトルバスの運行は終わってしまいます。ギリギリにアクセスすると行きのバスが無いって事もあるのでご注意ください。

スポンサーリンク

見所はどの当たり?

姫路みなと祭りの花火大会ですが、見所は何と言っても打ち上げ場所から300メートルしか離れていない場所が、観覧場所になっていることです!近いので見た目とともに、音も迫力があって凄いんですよね♪

ですから、人混みを避けて穴場スポットに向かわれるのも良いのですが、姫路みなと祭り花火大会はメイン会場で楽しむのが一番だと思います。

また10号玉の打ち上げもあって、実に330メートルほどの高さまで上がるのでド迫力!これは東京タワー並の高さなんです。

終わりに

姫路みなと祭りですが、来場者自体は他の花火大会と比較してもかなり人では少なめです。ですから、混雑すると言っても花火大会の中ではなかりマシな方だと言えます。

ですから、先程お伝えしたように穴場スポットよりもメイン会場となる姫路港で観られると、満足度も高くなるのではと思っています。

とは言っても、メイン会場は人混みが嫌いな人には嫌になるくらいの人出にはなりますので、アクセスされる際には早めに行かれると良いでしょう!

それでは、姫路みなと祭りでひと夏の思い出を創ってください。

スポンサーリンク