Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

平塚花火大会2017穴場な場所は?駐車場と屋台の情報!

      2017/06/18

平塚花火大会は8月末、神奈川県・平塚市で開催される花火大会です。元々「須賀納涼花火大会」として須賀地区の方々により始まったものが、発展して現在に至ります。地元の方にも長く愛され、湘南の夏の終わりに眺める花火は爽快&格別です。

こちらでは平塚花火大会2017のこと、花火をみる穴場の場所や、アクセス方法、駐車場、屋台などの情報についてご紹介しています。気になることはまず、お出かけ前に確認していきましょう。

スポンサーリンク

平塚花火大会概要

【第67回・平塚花火大会】
開催日:2017年8月25日(金) 雨天決行 ※荒天時は27日)に延期予定
時間:19時~20時
会場:相模川河口・湘南潮来(神奈川県 平塚市)
問合せ:平塚市商業観光課 (0463)35-8107 当日問合せ:(0180)99-3936(音声案内)
HPhttp://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kankou/hanabi-index.htm

花火大会会場は相模川の河口、「平塚市千石河岸地先」付近となります。

会場位置⇒https://goo.gl/maps/8PkXbtrnx6u

会場案内図⇒http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/common/100057416.jpg

珍しいだるま型花火などに加え、数年前から導入された花火と音楽の協奏「ハナビリュージョン」。華やぐフィナーレを飾り、定評になっています。

2015年フィナーレ動画⇒https://youtu.be/OKNENS4mFt4

おすすめ!3つの穴場スポット

1.湘南海岸公園
神奈川県平塚市高浜台33-1

水上花火は見にくいようだが、広い砂浜でゆったりと鑑賞可能。会場ほどの混雑は少ない。

2.茅ヶ崎海岸(サザンビーチちがさき)周辺
神奈川県茅ヶ崎市中海岸4

会場より離れた距離にあるが、混雑が少なくゆっくり花火をみることができるスポット。サザンビーチちがさき側にトイレあり。

3.湘南平(高麗山公園)
神奈川県平塚市万田790

車、カップルの方向け。上から見おろす花火は絶景。夜景と花火を両方楽しめる。トイレあり。

施設ページ⇒

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/midori/komayama.htm

願かけ花火、結構お得な有料席!

料金:1口 ¥2,500

平塚花火大会の有料席は、協賛金1口2500円を支払うことで

1.願かけ花火観覧エリア・入場券(2名分)
2.願かけだるま絵(平塚名産・相州だるま絵に、名前と祈願の言葉を書いてもらえる)

一人1250円で、打ち上げ場所のすぐそばの絶好の観覧場所が確保されるので、有料席としては結構お得です。

申し込み方法:Web・FAX・郵送

詳細についてはこちら⇒

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kankou/hanabi-gankake.htm

アクセス!駐車場、関連情報

アクセス方法:
【電車】JR平塚駅・南口より「須賀港行き」バス(約10分)⇒須賀港下車、徒歩約5分 【車】圏央道・茅ヶ崎海岸ICより約5分 小田原厚木道路・平塚ICより約20分

平塚花火大会の日、最寄りの平塚駅から臨時バスが出ます。

料金:大人¥180 子ども90円

車で行く場合、会場付近に専用駐車場が用意されます。

駐車場:臨時駐車場(無料、3600台)

平塚競輪場すぐそば、相模川沿いになります。

地図⇒https://goo.gl/maps/naBVezvGKp52

交通規制:17時~(会場周辺)

平塚花火大会は他に比べ、それほどの混雑や渋滞はないようです。
交通規制がはじまる17時より早めで、余裕をもって現地に着くようにして、いい場所をキープしたいですね。

スポンサーリンク

屋台はあるの?

平塚花火大会の当日、屋台が出店されます。例年、場所は会場である相模川沿いを中心に、数はおよそ20~50店ほど。決して多いとは言えませんが、飲食のお店が大半なのでふらりと立ち寄って、利用されてもよいでしょう。

また会場を離れたところからの観覧や、駅から会場へ行くまでに買い物をして、持参することも便利かと思います。

最寄り駅の平塚駅、会場周辺のコンビニの地図もご活用下さい。

地図⇒h3ttps://goo.gl/maps/QHSAhtEb57v

まとめ

平塚花火大会は海岸沿いを中心に、花火をみるスポットが複数あるようですね。浜辺等の観覧の際は、敷物の持参をどうぞお忘れなく。

複雑な混雑回避などの対策も必要とせず、気軽にゆったりした気持ちで楽しめるのが何よりです。湘南の風にゆられながら、キラめく花火を体験して下さい!

スポンサーリンク