Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

ほおずき市2017の時間日程情報と見所紹介!浅草寺で開催されるほうずき市を楽しみましょう

      2017/06/29

ほおずき

ほおずき市は全国各地の寺社で行われる行事ですが、最も人気があり客足が多いのが浅草にある「浅草寺」で開催されるほおずき市です。

このほおずき市ですが2017年の時間や日程はいつか気になりますよね?

こちらの記事では、ほおずき市2017の時間、日程についてや、見所についてお伝えしていきます。是非、参考にしてほおずき市をお楽しみください!

スポンサーリンク

ほおずき市2017(浅草)の時間や日程は?

日程:2017年7月9日(日)、10日(月)の2日間
時間:午前8時頃から午後9時頃、講堂は午前6時から午後5時まで
会場:浅草寺
所在地:東京都台東区浅草2丁目3-1
アクセス:【電車】浅草駅より徒歩5分
駐車場http://www.skytree-parking.com/asakusapark.html

日程は7月9日と10日の両日開催ですが、これに意味があってのことなのです。実はこの2日間は「四万六千日(しまんろくせんにち)」とも呼ばれていますが、この日にお詣りすると「46,000日分(126年)のご利益」を受けることが出来るとされている、素晴らしい1日なのです!

そして、この日に「ほおずき市」が開かれるようになったのです。ほおずきは病気に効くとされていて、昔はとても良いものとされていました。

浅草寺境内には約120の店がほおずきの出店を出していますので、是非ご購入されると良いでしょう。風鈴がッ付いていたりして、とても風情も感じられることでしょう。

どんな所が見所なの?

ほおずき市

見所は、ほおずきですが、そのほかでは四万六千日ですから浅草寺でしっかりと参拝されることも大切ですね。この両日限定で「雷除札」と呼ばれるものや、「黄札」と呼ばれる黄色の賭け紙の祈祷札もあったりします。

ほおずき市を楽しむのはもちろんですが、合わせて四万六千日もご体験ください。

スポンサーリンク

ほおずきのお値段は?

気になる、ほおずきのお値段ですが風鈴が付いておおよそ1鉢で2,500円程度となっています。お店によって劇的に高いとか安いといったことは基本的にありません。極論、どこで買ってもさほど差はありません。

風鈴が付いていないもので「枝ほおずき」というものですと、1,000円ほど。実を袋詰にしただけものになると、500円ほどと安いものもあったりします。

個人的には、風鈴のついたものが風情もあってオススメですね。ほおずきもキレイに成っていますし、風鈴も楽しむことが出来るものが良いでしょう。

まとめ

浅草寺 ほおずき市

浅草寺の四万六千日に合わせて行われる「ほおずき市」は、朝早くからお詣り来られる方も多く、時間が経てば更に混雑してしまいます。出来る限り、早めにアクセスするとお詣りもほおずき市も満喫できることでしょう。

約40万とも言われる人と、情緒ある江戸の風景を楽しむことも出来るはずです!

スポンサーリンク