Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

猪名川花火大会2017のアクセスと穴場情報!屋台数は?

      2017/06/27

大阪府と兵庫県の境界を流れる猪名川で開催される猪名川花火大会は今年で69回を迎える伝統の花火大会です。

総打上数4,000発で速射式連発花火のスターマインが見どころになっています。

街から近くアクセスは良さそうだけど車でも行けるのかな?屋台は出るのかな?どれくらいの規模かな?穴場はないかな?など気になるところですよね。

今回は猪名川花火大会2016のアクセス他、穴場な場所の情報、屋台の出店数など気になる情報をご紹介!もちろん日程時間などの基本的な情報などもお知らせします!

スポンサーリンク

猪名川花火大会の開催は8月19日

日程:2017年8月19日(土)※荒天時は翌日に順延
時間:19:20~20:20
場所:兵庫県川西市小花2丁目付近の猪名川河川敷

猪名川花火大会は猪名川を挟んで池田市側、川西市側の両岸にメイン会場が設置されます。

アクセスは車?電車?

花火

結論から言うと、電車などの公共交通機関を利用することをオススメします。

会場周辺は交通規制がかけられ、さらに阪神高速道路池田線の池田分岐から、池田木部までの区間が通行止めになるため周辺は渋滞が発生しやすくなります。規模の大きな駐車場もないため、車で行くのはちょっとオススメできません。

1.阪急電鉄川西能勢口駅、もしくは池田駅から徒歩約10分(池田市側会場)、徒歩約25分(川西市側会場)

2.JR川西池田駅から徒歩約15分(両会場とも)

公共交通機関は以上になりますので上手く活用してください。

穴場はどこ?

1.五月山公園
住所:池田市綾羽2丁目5-33

会場から北東へ2kmほど行ったところにある山の公園です。距離は離れているものの高台のため花火全体が見渡せる上、夜景も同時に楽しめます。

花火の「ドン!ドン!」という重低音を楽しみたい!という場合は不向きですが、綺麗な景観を見たいという場合はオススメです。

2.すみれが丘周辺

住所:兵庫県宝塚市すみれが丘1丁目周辺

甲子園大学と武庫川を挟んで対岸の丘陵地にある住宅街です。特に眺めが良いと言われるのはすみれが丘郵便局~すみれが丘の規模の大きな階段です。ただ、地元住民も見物に来ることがあるため、少し混みあうこともあります。


スポンサーリンク

屋台は300軒以上!

屋台は会場猪名川河川敷に池田市側、川西市側の両岸に出店され、約300軒以上の屋台が立ち並びます。

ただ、屋台は池田市・川西市ともに上流側の第1会場に集中して出る傾向があり、下流側の第2会場側にはあまり出ないようなのでこの点は注意してください。

内容は定番のたこ焼きやお好み焼きといったものから、なんと神戸牛を扱った屋台も出ることがあるようなので、見逃せませんね!

まとめ

花火大会

猪名川花火大会は12万人ほどの人を集めるお祭りですが、広々とした河川敷が会場であったり、公共交通機関が充実していたり、かなり徹底した交通規制があったりで、わりと混雑を感じることなく見られる花火大会です。

規模も4,000発クラスと10,000発クラスも珍しくない他の花火大会に比べると小さなものになりますが、70年近く続けられた伝統の花火大会であり、「町の花火大会」といった趣きのあるものになっています。

花火といえば豪快さや絢爛さに目が行きがちですが、猪名川花火大会のように、華やかさの中にほっとする気持ちになれるような雰囲気のある花火大会もいいものですよ!

スポンサーリンク