Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

稲毛海浜公園プールの料金&割引&前売り情報!混雑具合は?

      2017/05/25

近所のプールもいいけれど、たまには大きなレジャー施設で楽しみたくなりますよね。そんなあなたにオススメが稲毛海浜公園プールです。

だけど家族全員で行くと列に並ぶだけでも一苦労ですよね。でも前売り券を使えば、料金を割引できるだけでなく、混雑も回避できちゃいます。

今回の記事をじっくり読んで、今年の夏のお出かけの参考にしてください。

スポンサーリンク

まずは基本情報をチェック!

所在地:千葉県千葉市美浜区高浜7丁目1番1号
お問合せ:043-247-2771
公式サイトhttp://www.cga.or.jp/004005/

・開園期間・時間
開園期間:7月15日(土)~8月31日(木)
開園時間:9時~17時(入園は16時まで)
悪天候やその他やむをえない事由でプールの営業を中止する場合があります。

・入園料(当日)
一般:1,100円
高校生:800円
小・中学生:400円
幼児(4歳以上):200円
高校生は学生証、中学生は生徒手帳を提示してください。
身体障害手帳・療育手帳・障害者手帳のいずれかをお持ちの方と付き添いの方一名は無料です。

・その他基本情報
プール:14種類
ロッカー:あり
売店・レストラン:あり
プライベートスペース(先着順):3,090円(1区画/1日)

隣接するいなげの浜海水浴場は日本初の人工海浜で、プールから自由に出入りできます。

プールに入る前から戦いです!

プールって意外と荷物が多いし、小さな子供も一緒だとタイヘン!車で行きたくなちゃいます。

稲毛海浜公園プールの駐車場はプールそばの第一駐車場と少し離れた第二駐車場があり、合計1,000台駐車することができます。どちらもプール開園期間は1日/1回、600円となっています。

ただ土日祝とお盆期間は7時から、平日は8時からですが「閉まる時間が第一が21時(入場は20時まで)、第二は19時(入場は18時まで)と違い」ます。

そのためプールに近くて時間に急かされない第一駐車場はプールの開場時間よりも先に埋まることもしばしばあります。ゆっくりしすぎると第二駐車場も満車になってしまいます。

だから駐車場の「開場時間直後につくように出発」するか、「最寄り駅周辺の駐車場に止めてバスを利用」しましょう。更衣室も混雑しやすいので、「服の下に水着を着てくる」とスムーズにプールへ入れますよ。

スポンサーリンク

前売り券はとっても便利

稲毛海浜公園プールに行く前に必ず手に入れてほしいのは「前売り券」です。前売り券の購入は大手コンビニにある機械で当日でも購入でき、以下の割引があります。

一般:1,100円→1,000円
高校生:800円→730円
小・中学生:400円→370円
幼児(4歳以上):200円→180円

えっ、たったこれだけ?と思われた人も多いかもしれません。でも前売り券は割引以外のメリットがあるんです。稲毛浜海浜公園プールは平日でも子供連れの人がたくさん訪れ、とても混雑します。土日祝日やお盆になると入場券を買うために長蛇の列になることは確実です。

前売り券を購入していれば、プールにそのまま向かうことができます。暑い中並んでいるとプールに入る前に疲れちゃうので、すぐに入場できるのはメリットですね。

暑さ対策も忘れずに

プールサイドはきれいに舗装されていますが、その分地面からの照り返しもキツイです。帽子やラッシュガードなどで日焼け対策をしてくださいね。

また有料のプライベートスペースもありますが、先着順ですぐに埋まります。簡易テントやサンシェードを持参すれば日陰で休憩がとれますよ。

缶と瓶以外の飲食物を持ち込み可なので、水筒を持参してこまめに水分補給をしてくださいね。

スポンサーリンク