Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

いたばし花火大会2017の時間と穴場は?最寄り駅と駐車場

      2017/06/14

花火

いたばし花火大会は、その名の通り、東京都板橋区の荒川河川敷で開催される花火大会で、今年で57回目を迎える歴史ある花火大会です。

都内で最も大きい部類に入る「尺五寸玉」の巨大花火や、長さが約700メートルにもなる仕掛け花火「大ナイアガラの滝」が注目ポイントになります!また、この花火大会は対岸の戸田橋花火大会と同時に開催され、その合計打上数は12,000発にも及び、都内でも最大級の花火大会の一つになっています。

今回は2017年のいたばし花火大会開催日程、時間、最寄り駅、駐車場情報のほか、オススメ穴場スポットについてご紹介します!

スポンサーリンク

いたばし花火大会2017の時間日程

開催日程:2017年8月5日(土)(荒天の場合は翌日に順延)
開催時間:19:00~20:30
場所:板橋区荒川河川敷

最寄駅情報

1.JR埼京線…浮間舟渡駅から徒歩約20分

2.都営三田線…高島平駅、西台駅、蓮根駅から徒歩約20分

3.東武東上線…成増駅、東武練馬駅より、国際興業バス利用、各バス停留所から徒歩約15分

浮間舟渡駅と西台駅はかなりの混雑が予想されます。また、バスは交通規制の影響などにより定刻通りに運行しない可能性が高いので時間に余裕を持って来場したほうが良いでしょう。

交通規制&駐車場情報

交通規制は17:00~21:45までで、会場周辺のかなり広い範囲で自動車の進入が制限されます。

いたばし花火大会/交通規制について
http://itabashihanabi.jp/taikai/kisei.htm

このため、車で会場に直接行くことは不可能です。近隣にコインパーキングが点在するものの大規模な駐車場はなく、駐車できる可能性はほとんどありません。また、会場周辺はかなりの渋滞の発生が予想されるので車での来場はよほどのことがない限りやめておいたほうが良いでしょう。

都内になりますから、田舎のように車が無いと移動できないなんて事がありません。ここは無難に、公共交通機関を使ってアクセスされた方が確実でしょう。

スポンサーリンク

穴場スポット!

いたばし花火大会では有料席の指定があります。

いたばし花火大会/有料指定席
http://itabashihanabi.jp/ticket/ticket.htm

また、同時開催の戸田橋花火大会でも有料席チケットを買うことが出来ます。

2017戸田橋花火大会~未来へつなぐ光の輪~|有料指定席
http://www.todabashi-hanabi.jp/seat/

大迫力の花火を間近で見たい!ということなら迷わず有料席ですが、タダで見たい!人混みが少ないところで見たい!というあなたには穴場スポットがおすすめです。

1.戸田競艇場周辺
住所:埼玉県戸田市戸田公園8-22

会場からごく近くにある戸田競艇場周辺です。会場よりちょっと離れたところ、程度の距離なのでそこそこの混雑はありますが、有料席と同じように花火の大音響を楽しむことが出来ます。

2.浮間公園
住所:東京都板橋区舟渡2丁目15

少し陸側にあるものの広々とした公園で視界を遮るものがあまりなく、打ち上げ花火は問題なく見ることが出来ます。そこそこ人はいるものの大混雑というほどでもなく、浮間舟渡駅から近いのもポイントです。

まとめ

花火大会

いたばし花火大会は例年50万人以上の人出があり、会場近辺はかなり混雑するので、まずは有料指定席を確保してみたほうが良いでしょう。特にナイアガラはかなり近い場所でないと見えないので、この花火大会を全部楽しみたいのなら、やはり有料席がおすすめです。

どうしても人混みがイヤ!という時は穴場がいいでしょう。ナイアガラを見るのは難しいかもしれませんが、打ち上げ花火は10,000発以上あるので十分楽しめます。

スポンサーリンク