Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

伊丹花火大会2017の日程時間&場所は?穴場と屋台情報!

      2017/06/18

兵庫県伊丹市で開催される伊丹花火大会。今年第36回大会のテーマは「万華創演」(ばんかそうえん)です。

打ち上げ総数は3,500発とやや小規模ながら、迫力のワイドスターマインをはじめ、伊丹名物になっている「黄金しだれ柳の重ね咲き」の絢爛な美しさは必見!

毎年テーマが設定されていることからも分かるように、ただ花火を打ち上げるだけでなく、内容にもこだわりを見せる素晴らしい花火大会なのです。

で、その伊丹花火大会2017はいつ行われるの?日程や時間、打ち上げ場所は?など気になりますよね?今回は知っておきたい大会の情報をご紹介!一緒に穴場情報や屋台情報など、より大会を楽しむためのポイントもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

開催日は8月26日土曜日です

日程:2017年8月26日(土) ※荒天時は翌日に順延
時間:20:00~21:00
場所:兵庫県伊丹市猪名川神津大橋南側河川敷

会場には駐車場がなく、付近に交通規制も敷かれるので、公共交通機関を利用しましょう。

【会場最寄駅】

1.JR伊丹駅から徒歩10分

2.阪急電鉄伊丹駅から徒歩20分

激戦区多し!?穴場情報

※穴場については開放されない場合もありますのでご了承ください、

1.伊丹空港展望デッキ
住所:大阪府豊中市螢池西町3丁目555
伊丹空港展望デッキ「ラ・ソーラ」は、眺めがよく夜景スポットとしても有名な場所です。花火と飛行機と夜景の三点セットで楽しめる眺望面では抜群の穴場です。

ですが、やはり絶好の眺望を狙ってくる人も多く、場合によっては入場規制がかけられることもあるとか。

2.伊丹スカイパーク
住所:兵庫県伊丹市森本7丁目1-1
会場から北東へ600mほど行ったところにある伊丹空港に隣接する公園です。本来は空港を見るための展望台「スカイテラス」は、会場がある猪名川方向にも視界が開けているため「ラ・ソーラ」ほどではないにしても絶好の観覧スポットとなります。

また、混雑はするものの、上に挙げたスポットよりも比較的余裕があり、なかなか魅力的なスポットと言えそうです!

穴場の共通の注意点としては低い位置で上がる花火は見えないという点です。

この花火大会は特に観覧席は設定されていませんが、伊丹市では神津大橋河川敷付近をおすすめしています。場所取りは必要ですが、早い時間に会場に来られるなら、こちらを狙ってみても良いでしょう。

穴場と会場近くでは全然印象が違った!という話もありますよ。

スポンサーリンク

屋台は200店以上!

伊丹花火大会では計200店舗程の屋台が出店されます!かなり大規模ですね。

主な出店場所は会場神津大橋河川敷付近の土手でほとんどの店がココに集中しています。とにかく目一杯屋台を楽しみたいという場合は、ココに行けば間違いありません。

他にイオンモール伊丹付近でも小規模ながら出店があります。

まとめ

伊丹花火大会は3,500発ほどの花火で人出が6万人程度と規模としては小~中規模の花火大会となりますが、穴場も結構混雑するなど意外に場所取りには苦労する大会です。

また、有料席がないため、確実にゆっくり見るという方法はありません。どうせ穴場も混むのなら思い切って本会場で見る!と割り切ってしまうのもアリだと思います。

スポンサーリンク