Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

常総きぬ川花火大会2017の時間と穴場紹介!駐車場情報も

      2017/05/12

花火

茨城の常総きぬ川花火大会は伝統があり、関東の中でも花火の評価が高い大会のひとつ。地元の方だけでなく美しい花火を求めて、写真愛好家の方や他府県からも来られる方が多数。実際に鑑賞する前から、わくわくしてきますよね。

ここでは常総きぬ川花火大会2017の時間などの詳細、花火をみるおすすめ穴場スポットや駐車場のことなど、調べてまとめました。お出かけ前に気になる、これらのことを確認しましょう。

スポンサーリンク

常総きぬ川花火大会2017の時間はいつ?

【第53回 常総きぬ川花火大会】
開催日:2017年8月11日(金・祝) 荒天時12日(土)に延期予定
時間:18時半~20時25分
会場:橋本運動公園(茨城県常総市)
問合せ:常総きぬ川花火大会実行委員会(常総市商工会) 電話:(0297)22-2121
HPhttp://www.joso.or.jp/fireworks_summary.html

会場は鬼怒川河畔の橋本運動公園。打ち上げ場所はすぐ近く、水海道第二高校の正面あたりに位置します。

会場周辺の詳細な地図はこちら⇒
http://www.joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2016/PDF/fireworks_map2016-1.0.pdf

無料でみられる、おすすめ!3つの穴場

無料のおすすめの穴場を、3つ厳選してご紹介します。

1.対岸、土手沿いの辺り
住所:茨城県常総市豊岡町
会場付近よりも、対岸側は人が少な目。土手は障害物が少なく、花火が見やすい。

2.河川公園(豊水橋東交差点前)
住所:茨城県常総市水海道元町
豊水橋東交差点の前、新八間堀川をはさんだ河川公園。打ち上げ会場の正面に位置し、近くにトイレあり。

 

 

会場最寄り駅である北水海道駅、水海道駅近くにもコンビニがあります。途中立ち寄ったり買い物をするときは、ぜひご活用ください。

比較的お得な有料席

有料席は比較的、他の花火大会よりも料金は安め。

特別観覧席
マス席: ¥10,000(5名)
ペア席: ¥5,000(2名)
イス席: ¥3,000(1名)
プレミアムシート: ¥11,000(2名)

協賛者観覧エリア席
左岸堤防方面: ¥2,000(1名)
豊岡運動場内: ¥1,000(1名)

例えば、マス席を頭割りすれば一人当たり¥2000ほど。一番高いプレミアムシートは専用駐車場(諏訪東駐車場内)が確保され、さらにドリンクとお菓子付きという特典付。

申し込み受付は6月18

日(日)から、実行委員会事務局まで。席が埋まっていくので、申し込みはお早めに!

有料席の詳細・申込についてはこちら⇒
http://www.joso.or.jp/fireworks_grandstand.html

スポンサーリンク

アクセス!駐車場・関連情報

アクセス方法:【電車】関東鉄道・水海道駅より徒歩で約15分【高速バス】JR・東京メトロ東京駅八重洲南口、高速バス・水海道駅行きで約65分⇒水海道駅より徒歩約15分 【車】常磐道・谷和原ICより車で約10分

駐車場
無料:会場周辺、2,200台
有料:河川敷駐車場 ¥1,000(1台)

交通規制:車両進入禁止(17時~21時半)

駐車場、交通規制などの詳細地図⇒
http://www.joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2016/PDF/fireworks_map2016-1.0.pdf

駐車場は少なくとも、お昼までに到着すれば確保しやすいようです。混雑状況は意外とスムースに流れるので渋滞は少ないそうですが、規制される時間帯の会場周辺は混雑も予想されます。できれば17時よりも早く現地入りしましょう。

まとめ

打ち上げ花火

常総きぬ川花火大会は渋滞などが少なく、水準の高い花火を鑑賞できるのが魅力ですね。見通しのよい対岸側に行けば、落ち着いて花火をはっきり見ることもできます。

また当日、土手上に200以上の屋台が出ます。おつまみとお酒を片手に歩きながら、花火を楽しむのありです。素敵な夏の思い出を!

スポンサーリンク