Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

亀岡花火大会2017の時間と駐車場情報!穴場な場所は?

      2017/06/15

亀岡花火大会は正式名称「亀岡平和祭保津川花火大会」と呼ばれ、約5,000発の打ち上げ数がある京都府内屈指の花火大会となっています。

しかも、珍しい特選玉と呼ばれてる花火を観る事ができる、数少ない花火大会でもあります。

そんな亀岡花火大会ですが2017年の日程時間が決まりましたので、こちらでお伝えしていきます。また、アクセスに関する情報(駐車場や最寄り駅)や、穴場と言われる場所についても掲載していますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

亀岡花火大会2017の日程時間情報

日程:2017年8月7日(日)、荒天時は延順
時間:午後20時開始
場所:保津橋上流右岸
お問い合わせ先:亀岡商工会議所、TEL 0771-22-0053
打ち上げ数:5,000発

アクセス方法:【電車】JR山陰本線「亀岡駅」から徒歩約15分

駐車場:専用臨時駐車場はありませんので、マイカーでの周辺までのアクセスはオススメできません。また大堰川緑地東公園~亀岡駅前周辺で通行規制もあります。

アクセスされるなら電車で亀岡駅から徒歩が最も利用されている方法です。ですから、混雑もかなり激しくなるので花火開始時刻の1時間前からですと会場まで到着出来ないなんてこと考えられます。

どうしてもマイカーでのアクセスなら、亀岡駅手前の「馬堀駅」や「並河駅」に駐車場もありますので、そこから亀岡駅まで電車で行く方法もあります。

穴場な場所はどこ?

kameoka-hanabi3

・亀岡駅前
住所:京都府亀岡市追分町谷筋1-1

実は亀岡駅前からでも花火を観れたりするんですよね!ここには屋台の出店も多いですし、無駄に歩かなくても良いですし、帰りも混雑せずに帰宅することが出来ます。

でも、駅前で観る人が増えてしまうと困ってしまうので、歩ける人は打ち上げ会場まで行ってくださいね。

※亀岡花火大会自体は小さくありませんが、人出自体は少なめなんです。7万人と言われてますが、なにわ淀川花火大会が50万人、びわ湖大花火大会が30万人と全然数が違います。

ですから、穴場で観なくても混雑は花火大会ではマシな方です。しっかりと楽しむなら、やっぱり会場近くまで行って鑑賞されるのをオススメします。

スポンサーリンク

有料席もあります!

亀岡花火大会では有料席もありますから、お金を払って場所取りを回避できます。しかも良い場所から観れるとあって人気にもなっているので気になる人は早めにチェックしておきましょう。

・桟敷席(2畳分):20,000円
・パイプイス席:1,000円

亀岡商工会議所HP⇒
http://www.kameokacci.or.jp/

おわりに

亀岡花火大会
亀岡花火大会2017の情報を掲載してきましたが、お役立ちいただけたでしょうか?

夏の夜を綺麗に彩ってくれる花火大会に魅せられる人も多いのではないかと思います。情緒溢れる京都の亀岡での花火大会、浴衣でお出かけされるのが最も似合う風景となるでしょう。

これまで浴衣を着て人も、まだチャレンジした事もない人も、2016年は浴衣で花火大会にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク