Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

生田緑地・四季の森公園・万葉公園でホタルを見よう2017!

      2017/04/02

ホタルの鑑賞の季節がやってきましたね! 全国でホタルを見られる場所はたくさんありますが、神奈川県でホタルを見に行こうと思ったらどこを思い浮かべますか?

いざ調べてみると思ったよりも色々な場所があって、どこにいけばいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は神奈川県でホタルが見られる場所の中でも生田緑地・四季の森公園、万葉公園について少し詳しく調べてみたいと思います。

2017年のホタルの見頃なども確認してみましょう♪

スポンサーリンク

神奈川のホタル観賞スポット!

【生田緑地】
住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1
問い合わせ:044-922-2181
公式サイト:http://www.ikutaryokuti.jp/

生田緑地では「ホタルの国」という鑑賞スポットがあります。ここのホタルは自然のままに繁殖したものなんですよ。

毎年ホタルの時期にはホタル観察会が開かれ、生田緑地のホタルについての説明を聞くことができます。この会の参加費は無料で、参加するのに予約も必要ありませんので生田緑地のホタルのことをよりよく知りたいならば参加してみるのもいいですね。

【四季の森公園】
住所:横浜市緑区寺山町291
問い合わせ:045-931-7910
公式サイト:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/

四季の森公園は三渓園と並んで神奈川では有名なホタル観賞スポットです。ここではゲンジボタルだけではなく、ヘイケボタルも見ることができるんですよ。

ゲンジボタルとヘイケボタルは発生時期がずれているので両方みたい場合にはタイミングを考える必要があります。「ホタルの夕べ」というイベントが例年6月中旬に開催されていますので、ホタルの種類にこだわらないというのならばそのぐらいに行くのもいいですね。

【万葉公園】
住所:神奈川県湯河原町宮上566
問い合わせ:0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
公式サイト:http://www.yugawara.or.jp/sightseeing/details.php?log=1364792555(Web湯河原内)

万葉公園では毎年、「ほたるの宴」というイベントがホタル観賞時期に合わせて開催されています。ホタルの時期は菖蒲の時期にもなっていて、同時開催の花菖蒲展を楽しむこともできます。

『ほたるの宴』
開催期間:2016年6月1日~6月13日
開催場所:万葉公園内、花木園
開催時間:19時半~21時
公式サイト:http://www.yugawara.or.jp/event/hotaru/index.php

ホタルの見やすい時期は?ホタルの見分け方って?

ホタルが飛び始める時期はおおよそ6月上旬を平均とするようです。その年の気候により平均気温が高かったりすると5月末から飛び始めることもあります。

1日の中でもっともホタルを見られる時間帯は、暗くなり始める19時半~21時頃です。

また、ホタルが飛びやすくなるのは風や月明かりのない夜で、蒸し暑いぐらいの気候の方がいいようです。四季の森公園では2種類のホタルを見ることができますが、ゲンジボタルは6月中旬から7月上旬、ヘイケボタルは7月~8月が発生のピークになっています。

ゲンジボタルの方がヘイケボタルよりも光が強く、また明滅の感覚は2~3秒と長くなっています(ヘイケボタルは約1秒)ので一緒に光っていても見分けは付きやすいようですよ。

スポンサーリンク

ホタルを見るときの注意事項は?

ホタルの寿命はとても短く、成虫になってから1週間ほどでその命を終えてしまうそうです。

ホタルの観賞にはいくつか決まり事があり、その場所場所によって多少の違いはありますが大筋はみんな一緒です。2015年の記事ですが、生田緑地のサイトにホタルの見方を詳しく説明しているページがありましたのでよければチェックしてみてください。

【生田緑地ホタルの国公式ホームページ】
http://www.geocities.jp/npo_konrac/hotaru.html

短い命だけれど綺麗に光るホタル。その綺麗な光を絶やしてしまわないためにもホタル観賞はマナーを守って楽しみたいですね。

スポンサーリンク