Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

刈谷わんさか祭り2017の日程と駐車場情報!屋台はある?

      2017/05/12

愛知県刈谷市の夏の風物詩といえば「刈谷わんさか祭り」ですね。祭りの最後を飾る花火大会は10万人もの人が訪れるビッグイベントです。

でも人が多いと、車を止める場所はあるの?お店で長い時間並ばないといけないの?などなど、心配になりますよね?

今回はそんなお悩みを解決する2016年の最新情報を調べてきました!日程から駐車場、屋台情報とバッチリなので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

今年の刈谷わんさか祭りは8月19日と20日の2日間!

今年の刈谷わんさか祭りの日程は以下の通りになっています。

日程
8月19日(金)17:00~21:00(荒天中止)
8月20日(土)11:00~21:00(荒天中止)

花火大会:19:00~20:15

場所:刈谷市総合運動公園

今年から盆踊りが前夜祭として19日に開催されることになりました。本祭は20日に例年どおりに開催されます。

本祭では、昼間はキャラクターショーや伝統芸能など多彩なイベントが催されます。夕方からは祭りの最後を彩る花火大会です。両日とも荒天の場合は中止になってしまうので、てるてる坊主を作って、晴れるように願いましょうね。

祭り会場へのアクセス方法と駐車場

花火大会

祭り会場の周辺には「駐車場がありません」。当日、周辺道路は交通規制もされているので、電車またはシャトルバスを利用しましょう。

【電車】名鉄本線「富士松駅」または「一ツ木駅」を下車し、徒歩約20分

【シャトルバス】各停留所から約15分~60分(無料)

・シャトルバス停留所:刈谷駅北口、刈谷市役所、デンソー本社、名鉄知立駅、産業技術センター、トヨタ車体本社、野田公園、アイシン精機従業員駐車場

・シャトルバス運行時間:10:30~21:00(ただし、各停留所から会場へは17:30まで)

『でもやっぱり車で行きたい!』って方もいると思います。名鉄知立駅以外のシャトルバスの停留所周辺に駐車場があります。

刈谷駅北口周辺の駐車場は有料ですが、その他の停留所周辺の駐車場は無料になっています。車を利用する人はこれらの駐車場を利用し、シャトルバスで会場へ向かいましょう。

スポンサーリンク

屋台はたくさん出店するの?

刈谷わんさか祭りでは約200店の屋台が出店します。正面ゲートからの公園の中央を走るメインストリートの両側にずらーっと並ぶ屋台は圧巻です!

屋台はこの道の両側以外にわくわく広場の北側にもあります。こちらには車両販売の屋台もあります。

屋台ではたこ焼きや焼きそばなど屋台の定番はもちろん、地元の特産品を使用したグルメも多数販売されます。

初日は17時、2日目は11時から21時までお祭りが開催されている時間はずっと屋台が開いているので、イベントを楽しみながらグルメも楽しめますよ。

花火のオススメ穴場3スポット

花火

やっぱり見どころは祭りの最後を飾る花火ですね!でも場所取りは前日の朝6時からで、会場近くに住んでいないと難しいです。『よく見える場所で見たい!』そんなあなたにオススメの穴場スポット3つご紹介します。

1.富士松南小学校:富士松駅から徒歩15分で、会場から少し離れていますが高台になっているので十分見ることができます。

2.逢妻川の対岸:刈谷市総合運動公園の対岸になります。川を渡るだけなので、わかりやすい穴場スポットです。

3.かりがね小学校:一ツ木駅から徒歩10分の場所になります。こちらも高台になっているので、よく見えますよ。

これらは地元の人たちも混雑を避けて見物する場所ばかりです。地元の人たちと一緒に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク