Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

葛西臨海水族園の混雑具合と入場料金紹介!駐車場は狭い!?

      2017/04/07

葛西臨海水族園は葛西臨海公園内にある水族館です。葛西臨海公園にはさまざまな施設がありますが、日本最大といわれる大観覧車とともにこちらの水族館もとても有名です!

有名なだけに遊びに行こうと思っても、混雑が気になってなかなか思い切れなかったりしますよね。けれどちゃんと調べてみると、混雑は実はそんなに気にならなかったりするかもしれません。

入場料金も実はかなりリーズナブルなんですよ♪駐車場の情報も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

まずは基本情報を確認しましょう♪

【葛西臨海水族園】
住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
開園時間:9:30~17:00(入園は16時まで)
休園日:水曜日、年末年始
問い合わせ:03-3869-5152(葛西臨海水族園案内係)
公式サイトhttp://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

入園料
一般 700円
中学生 250円
65歳以上 350円
(各種団体割引有り)

葛西臨海水族園は屋内施設になりますので、混雑具合に天候の影響を受けにくくなっています。そのため平均して土日祝は混雑しがちで、逆に平日はさほど混まないという状況が多くなります。

ただし例外があり、年に3日だけ(5/4みどりの日、10/1都民の日、10/10開館記念日)平日であってもかなりの混雑が見込まれますので注意が必要です。これは「無料開放」されているからです!

平日に行くのは難しい、という方には午前中に行くのをおすすめです♪ 開園直後ならまだ人も少ないので、ゆっくりと見て回ることができます。

ただし水族館自体はかなり大きいですので、多少の混雑があっても人がすし詰めでまともに見ることができない! なんてことにはほとんどなりません。順路に沿ってペースを調整しつつ回っていけば、それほど困ることもなくそれぞれの水槽を見て回ることができるでしょう。

ちょっとお得♪

ダイヤと花の大観覧車内にある「ダイヤと花の大観覧車」をご存知ですか? 実はこの観覧車のチケットを持って水族館に行くと、入場料が2割引になるんです!

観覧車のチケットは先に買っておいて後から乗ることもできますので、もし水族館のあとに観覧車にも乗る予定があるならぜひ先にチケットを購入してから行きましょう♪

スポンサーリンク

専用駐車場はないけれど…?

葛西臨海水族園には、水族館専用の駐車場というものはありません。その代わりに葛西臨海公園の駐車場を利用することができます。

葛西臨海公園の駐車場は収容台数が2700台ととても大きく、また24時間利用することができます。ただし利用料金に最大金額が設定されておらず深夜割引などもありませんので、長時間駐車する場合には思った以上に駐車料がかかってしまうことがあり、注意が必要です。

[葛西臨海公園駐車場]
住所:江戸川区臨海町6
電話:03-3877-0725
営業時間:24時間
利用料金:普通車 1時間まで200円、以後30分ごとに100円、大型車(車高2.5m以上) 2時間まで1500円、以後30分ごとに500円
駐車場詳細ページhttp://sasp.mapion.co.jp/b/tpark4/info/988/

近隣にはコインパーキングもあり、1日あたりの料金の上限設定がされているところもありますので駐車時間と相談して、どちらに停めるか決めるといいでしょう。コインパーキングの最大料金はおおむね1300円~1400円に設定されているようです。

巨大水槽を見に行こう!

葛西臨海水族園で一番人気なのは、1Fと2Fにまたがって設置されている「大洋の航海者」という巨大水槽です。水槽はドーナツ型になっていて、大きなマグロやカツオなどが泳ぐ姿を円筒形の水槽の内側から見ることができます。

なんとこの水槽の海水は、八丈島から持ってきたものだそう!悠々と泳ぐ姿に囲まれていると、自分たちまで海の中にいる気分を味わえてしまいますね。

「大洋の航海者」以外にも、見どころはたくさん!葛西臨海水族園をたっぷり楽しんできてくださいね♪

スポンサーリンク