Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

葛飾花火大会2017の日程時間は?穴場と最寄り駅情報!

      2017/05/24

花火大会

葛飾といえば東京の下町の代名詞、生粋の江戸っ子の町として有名です。そんな下町情緒あふれる葛飾柴又で開催される葛飾納涼花火大会は今年で51回目迎えます。

今回はそんな葛飾花火大会2017の開催日程や打ち上げの時間、最寄り駅情報のほか、オススメ穴場スポットまで完全網羅!花火だけにとどまらない大会の魅力も合わせてご紹介いたします!

スポンサーリンク

葛飾花火大会2017の開催日は7月下旬!

葛飾花火大会は例年7月の第4火曜日に江戸川河川敷の柴又野球場で開催されており、時間は19:20から一時間となっています。よって今年は

日程:2017年7月25日(火)
時間:19:20~20:20
場所:柴又野球場

が開催日時となる見込みです。荒天の場合は翌日に順延、更に翌日も荒天となった場合は中止となります。当日はぜひ晴れてほしいものですね!

<最寄り駅>
・京成金町線柴又駅(徒歩約10分)
・北総線新柴又駅(徒歩約15分)
・JR常磐線金町駅(徒歩約20分)

となっています。距離的に一番近いのは京成線柴又駅ですが、北総線新柴又駅も江戸川の土手に近くアクセスしやすいです。

会場付近には駐車場がなく、当日は交通規制によってかなり広い範囲で車両通行が制限されるので最寄り駅はしっかり把握しておきましょう!

日時も分かった、最寄り駅も分かった、あと気になるのはやっぱり穴場スポットですよね!では早速ご紹介していきましょう!

絶対に抑えたい穴場スポット3つを紹介します!

1.江戸川ラインゴルフ松戸コース周辺
会場となっている柴又野球場の川を挟んで真向かいにあるゴルフ場です。打ち上げ会場に近く、周辺の土手は広々としており、会場との間に川を挟んでいるため川面に映る逆さ花火を楽しむこともできるオススメスポットです。

2.新葛飾橋
国道6号線が通る新葛飾橋は会場のすぐ上流にある橋で、会場との間には川しかないので高い建物に遮られることなく花火を見ることができます。ただし橋の上なのでくれぐれも往来の邪魔になるようなことはしないでくださいね。

3.柴又街道
普通の道路ですが、大会当日は交通規制がかかり自動車、自転車等車両の通行が制限されているので安全です。上の2つの穴場より若干打ち上げ会場から遠いものの高い建物が少なく、近くには柴又帝釈天参道もあり、下町情緒と花火が同時に楽しめる良スポットです。

大迫力を楽しむなら有料指定席!屋台情報も!

穴場はもちろん、打ち上げ会場の目の前で大迫力の花火を楽しめる有料指定席もオススメです!1000席ほど用意されており、5月下旬頃、チケットぴあにて発売予定です。

昨年の価格ですが

2人マス席:1マス:7,000円
4人マス席:1マス:10,000円
ベンチ席:1台4名:10,000円

となっており、今年も同程度の値段になるかと思われます。

また、お祭りに欠かせないものといえばやっぱり屋台!もちろん葛飾花火大会でも屋台の出店があります。

主な出店場所は映画『男はつらいよ』でもお馴染みの柴又帝釈天参道。例年、定番のイカ焼きを始め、フランクフルト、焼きそばなどお祭りには欠かせないメニューが取り揃えられています。花火の光や音を楽しみながらイカ焼きを食べるのはなかなかに粋ですね!

スポンサーリンク

雰囲気から楽しめる下町の花火大会

葛飾納涼花火大会の魅力は一万発以上の打上数や様々な趣向をこらした花火はもちろんですが、下町ならではの懐かしさや温かさを感じられる雰囲気も大きな魅力。

穴場スポットも土手のようなゴロンと寝転べる場所が多く、大都会東京の中にありながら、のんびりとした気持ちになれるオススメの素敵イベントです!

スポンサーリンク