Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

河口湖のラベンダーの2017年見頃と開花情報!お祭り情報

      2017/04/02

ラベンダーと言えば河口湖では初夏の風物詩となっていますね。町全体に植えられたラベンダーは10万本にもなるそうですよ。

ラベンダーの香り高さは有名で、ハーブの女王・香りの庭の女王と呼ばれたりすることもあるようです。広大な富士の裾野で見られるラベンダー、どうせなら一番の見頃に見に行きたいですよね?

ラベンダーの時期にはお祭りも開催されているようです♪2017年の開花情報と一緒に調べていってみましょう。

スポンサーリンク

河口湖周辺のラベンダーの見頃は?開花情報はどこで確認?

河口湖周辺のラベンダーが見頃になるのは、例年通りであれば6月中旬から7月中旬の間になるようです。河口湖周辺では複数の品種のラベンダーが植えてあり、それぞれの品種は早咲きと遅咲きがあってその開花時期のずれから通常よりも長い期間花を楽しむことができるようになっています。

開花の時期はその年の気温や天候によっても変化しますので、見頃を狙うためには開花状況の確認が大切です。

ラベンダーの時期になると河口湖の総合観光情報サイトにてラベンダーの開花状況が確認できるようになりますので、河口湖にラベンダーを見に行く際にはぜひ確認してみてくださいね。

富士河口湖 総合観光情報サイト:http://www.fujisan.ne.jp/

河口湖ハーブフェスティバルは2会場!

河口湖 ラベンダー

【河口湖ハーブフェスティバル会場情報】
・メイン会場『八木崎(やぎさき)公園』
開園時間:9時~18時
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立923

・サブ会場『大石公園』
開園時間:9時~17時
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2525-11

いずれの会場も入場料、駐車料は無料です。

連絡先:0555-72-3168(河口湖ハーブフェスティバル実行委員会)

2017年の開催期間は八木崎会場が6月16日~7月9日まで、大石会場が6月16日~7月17日まで毎日開催される予定ですね!

パンフレット情報⇒
http://www.fujisan.ne.jp/up_img/info/672/if_ex_f_00000001.pdf

八木崎公園は河口湖の南側にありハーブフェスティバルのメイン会場となっています。公園内にもたくさんのラベンダーが植えられていて、飲食をできる場所やおみやげコーナーなどもあるんですよ。

日中はステージで色々なイベントが催されてお祭りを盛り上げ、夜にはライトアップがおこなわれていて昼とは違う美しい姿を鑑賞することもできます。

それに対し、大石公園は河口湖の北側に位置しています。そのため、ラベンダーの花の向こうに河口湖と富士山が同時に見られるという絶好の撮影ポイントにもなっています。メイン会場だけ見れば大丈夫なんて思っていると、最高の光景を見逃してしまうことになるかもしれません。

ハーブフェスティバルの時期には八木崎公園と大石公園を往復する臨時バスも出るようですので上手に利用していきましょう♪

スポンサーリンク

帰りにちょっと思い出づくりも♪

サブ会場である大石公園の中には『河口湖自然生活館』があります。ブルーベリーをテーマにしたジャム作りなどを体験でき、館内にはおみやげさんもあるんですよ。

ハーブフェスティバルでラベンダーを楽しんだあとはここにあるカフェで河口湖や富士山を見ながら一息をついて、お祭りの感想話などに花を咲かせてもいいかもしれませんね。

kawaguchiko-lavender2

【河口湖自然生活館】
営業時間:
ショップ 9:00~18:00(冬季9:00~17:30)
カフェ 9:00~17:00(冬季9:00~16:30)

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585
TEL:0555-76-8230

公式サイト:http://seikatsukan.jp/

スポンサーリンク