Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

江東花火大会2016の穴場と日程時間は?屋台と屋形船情報

      2017/05/04

江東花火大会

出典http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/img/hanabi/P13257L.jpg

東京と江東区で開催される「江東花火大会2017」の季節が今年もやってきました♪約4,000発にもなる花火を約1時間に渡って鑑賞することが出来る花火大会です!

さて、2017年の江東花火大会の日程や時間はいつになっているのでしょうか?また、穴場スポットと言える場所はあるでしょうか?

そこでこういった疑問についてこちらでコンパクトに分かりやすくまとめていますので、参考になさってください。また、屋台や屋形船についての情報も載せていますから合わせてチェックしていただけると幸いです!

スポンサーリンク

江東花火大会2017の日程時間

日程:2017年8月1日(火)小雨決行、荒天時は翌日の2日に延順
お問い合わせ先:江東区役所地域振興課区民交流担当、TEL03-3647-4963
時間:午後7時30分から午後8時30分
場所:荒川・砂町水辺公園
住所:江東区東砂8丁目22番地先
打ち上げ数:約4,000発

アクセス方法:【電車】東京メトロ南砂町駅から徒歩約15分【バス】JR亀戸駅から「亀24葛西橋行」で約10~15分⇒葛西橋停留所下車で徒歩約3分、都営西大島から「亀24、両28葛西橋行」約10分⇒葛西停留所下車で徒歩約3分
駐車場:専用駐車場ナシ
交通規制:会場周辺17時~21時30分、土手通り14時~21時30分車両通行止め

江東花火大会2017は8月1日に開催されます!約4000発の花火の中には4尺玉やスターマインといったものが入っています。

見所ですが、会場から打ち上げ場所までの距離が近いこと!約150メートルとかなり近いので迫力があって見応え十分なんです♪

アクセスについては、駐車場がありませんのでマイカーでのアクセスは基本的には禁止されています。電車またはバスの公共交通機関を使って会場までアクセスしましょう。

穴場はどこだ!?

・清砂大橋
住所:東京都江戸川区東葛西7丁目10

荒川上を通る清砂大橋、北方面に江東花火大会を見渡すことが出来るスポットです。開始前でも比較的場所を確保しやすいでしょう。

・首都高速下
首都高速中央環状線の下から花火を観ることが出来るんです!こちらは場所が長く広いので観る場所が無いなんてことも少ないですよ。人混みが嫌いな人はこちらのスポットがオススメ。

屋台について

花火

公式サイトの発表では何故か屋台の出店が無いという情報が出回っていますが、これは会場付近の河原には出店されていないという事なんです。

ですから、駅を降りてから会場までには屋台出店はあります!かなりの数が出ていますが、その分混雑もしていますから、気になる屋台にありつけるかは疑問です(汗)ですから、人混みが酷くならない内に買い物は済ませておきましょう!

スポンサーリンク

屋形船について

東京の花火では数ある中から数回だけ屋形船鑑賞が可能になっているんです。その中には江東花火大会も入っていまして、貸し切りや乗り合いで屋形船鑑賞出来ますよ!

屋形船からの鑑賞だけあってお値段はそこそこします・・・ただ東京の花火では金額が低めの設定になっていますからオススメです。

かなり近くまで行って観れますから臨場感は抜群です!また屋形船の上では美味しい物を食べられるプランもありますので、年に一度ならこの屋形船を使っても良いのではないでしょうか。

まとめ

花火

江東花火大会2017は8月1日に約4,000発の打上花火で楽しめます。打ち上げ数が少ないように感じますが、実はこれくらいが見飽きることもなく丁度良いのです♪

ですから、東京各地で行われている花火大会の中ではちょっとショボく思うかもしれませんけど、実はベストな江東花火大会!是非、お楽しみください。

スポンサーリンク