Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

ラベンダーの花言葉と種類と育て方を紹介!咲く時期・季節は?

      2017/02/06

ラベンダー

ハーブの代表的な花の一つであるラベンダーは清楚な紫色の花と優雅な芳香で人気です。そんなラベンダーに10種類もの花言葉があることを知っていましたか?

そして、種類も豊富なラベンダーは育て方を工夫すると一年中楽しむことができます。花が見ごろになる時期・季節とあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

ラベンダーの花言葉は?

ラベンダーの花言葉には次のようなものがあります。

・あなたを待っています
・繊細
・清潔
・優美
・期待
・幸せが来る
・許し合う愛
・疑い
・不信
・沈黙

ラベンダーの花言葉が多いのは、ただの可憐な花というだけではなく、抗菌・殺菌効果や鎮静作用、防虫効果など様々な効能が由来となっているからです。愛や希望を連想させるものが多いのでプレゼントにもいいですね。

ラベンダーの種類は?

lavender2

ラベンダーはシソ科ラヴァンドラ属の植物の俗称です。アングスティフォリア系、ラバンジン系、デンタータ系、ストエカス系、プロテストエカス系といった種類があります。

一般的に見られるラベンダーの多くはアングスティフォリア系のものです。

開花時期と季節について

5~7月がラベンダーの開花時期になります。高温多湿が苦手なので、本州と比べて涼しく、梅雨のない北海道は栽培に適しています。

花の見ごろの季節は地域によって前後しますが、本州では6~7月ごろ、北海道では7~8月上旬です。ラベンダーで有名な富良野では7月中旬から下旬ごろがピークです。

また北海道では早咲きと遅咲きの品種を混ぜて栽培することで見ごろの時期を長く楽しめるようにしている場所もあります。一般的に花色は紫色と知られていますが、最初は白色の葉だった部分が緑色に変わり、紫色の花が咲きます。

スポンサーリンク

ラベンダーの育て方は難しい!?

ラベンダーを育てる場合、種と苗木の二通りの方法がありますが、通常は苗木から植える方法を選ばれる方が多いです。高温多湿の場所が苦手なので、植える時は日当たり、風通し、水はけがよい場所を選ぶことが重要です。

また弱アルカリ性の土を好むのでもみ殻くん炭を軽く混ぜ、水はけの為に1割ぐらい腐葉土を混ぜた用土を使用します。

鉢植えの場合は7合鉢に鉢底ネット、2cm程度の鉢底石、用土の順番に入れ、苗木の根の全てが鉢の中心に埋まるように、鉢の高さの8~9割ぐらいまで土を入れます。十分な水を与えて、直射日光の当たらない日陰で保管し、3日後ぐらいに日光と風通しの良い場所へと移動します。

地植えする場合は水はけに注意します。傾斜がある場所に植えたり、植え付け場所を5~10cmぐらい盛り上げてみましょう。水が溜まらないように溝をつくるのもいいですね。ラベンダーは乾燥地域で育つ花なので、水をやりすぎると蒸れたり根腐れしてしまいます。

鉢植えの場合、早朝や夕方の時間(一日の中で気温が比較的低い時間帯)に鉢底から少し流れるだけの水を与えます。ポイントは回数は少なく、一度の量は多くです。その時、必ず株元から水やりをしましょう。

地植えの場合は根づいたら基本的に水やりは必要ありません。土が乾燥しきっている時のみ水を与えましょう。

まとめ

lavender3

ラベンダーは害虫の被害の心配がないうえ、上手に育てれば10年以上も楽しめます。色鮮やかな紫色の花だけでなく、ハーブティやアロマオイル、ポプリなどにも使うことができます。

一人で楽しむことは勿論、贈り物にも喜ばれるラベンダーを日常生活にとりいれてみてくださいね。

スポンサーリンク