Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

幕張花火大会2017の時間と穴場情報!駐車場と屋台は?

      2017/05/05

千葉市で行われる幕張花火大会!正しくは「幕張ビーチ花火フェスタ」と呼ばれ市民に愛されている花火大会となっています。今回で三十九回目を迎えることになりました!

通常の花火大会と一風変わった「創造花火」という物を観れることから、珍しい花火大会としても知られています。

そんな、幕張花火大会ですが2017の時間日程が決まりましたので、こちらでお伝えしていきます。また、穴場と言われている場所や、屋台情報、駐車場や最寄り駅の情報も掲載していきます。

当日、楽しめるようにこちらの記事を参考にして頂けるとありがたいです。

スポンサーリンク

幕張花火大会2017の日程時間

日程:2017年8月5日(土)、雨天の場合には中止となります
時間:午後7時30分~午後8時30分
場所:幕張海浜公園
住所:千葉県千葉市美浜区ひび野2-116

幕張花火大会2017は8月5日(土)に開催!約1時間に渡って創造花火などを楽しめます。

アクセス情報はこちら!

アクセス方法:【電車】JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩15分【車】東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約5分、京葉道路「幕張IC」より約5分
駐車場:今回の花火大会では駐車場は用意されておりません。

今回の花火大会には専用駐車場の設置がありませんので、有料パーキングを使用するか、公共交通機関を利用されるようお願いします。

穴場スポットはこちら!

・稲毛海浜公園
住所:千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2-1

メイン会場から南にあたる稲毛海浜公園からでも、花火大会を鑑賞することが出来ますのでオススメですよ。

最寄り駅の「稲毛海浜駅」からは徒歩約25分の距離にあります。早めにアクセスしておくと余裕を持って花火大会を楽しめるはです。

・検見川の浜
住所:千葉県千葉市美浜区磯辺2-8-1

稲毛海浜公園にも近いスポットですが、こちらの方がより近いスポットです。

スポンサーリンク

有料観覧席はこちら

・ビーチ席A:4,000円(8,000席)
・ビーチ席C:3,000円(2,800席)
・シーサイド席:1,500円(6,800席)
・メッセサイド席:2,000円(3,500席)
・スタジアム席:2,500円(5,000席)

有料観覧席周辺への一般客の立ち入りが禁止されていることもあって、有料観覧席から見る花火大会は格別ですよ!高いお金を払ってでも席を取る価値はあると思います。

当日券の販売についてはこちら⇒
http://chiba-hanabi.jp/

QVCマリーンフィールド

個人的には千葉ロッテマリーンズの本拠地でもある「QVCマリーンフィールド」のスタジアムがオススメ!なぜかと言うと、大人には嬉しいビールの立ち売りがあるからなんですよね♪ただし!!海上花火が観れないというデメリットもあるので、ビール好き以外は止めておいた方が良さそうです。

屋台について

屋台は最寄り駅から会場にかけて出店されていますが、それほど珍しいものは少ないかも。定番の屋台ばかりかもしれませんが、それでも数があるのは嬉しいですよね。

会場に入る前に屋台で美味しいものをゲットしてお腹を満たしておいた方が良いです。ギリギリになって屋台に買い出しに行くと、たいてい開始に間に合わないですから。

まとめ

花火大会

幕張花火大会を楽しむためには、やはり有料観覧席をゲットすることです!お金をかけてでも是非良い場所を取りたいところです。

それが厳しいようなら、穴場スポットに行かれると良いのではないでしょうか。

どちらにしても出遅れることが無いようにしてくださいね!

スポンサーリンク