Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

入園式のママの服装はスーツ限定?髪型や靴はどんな物がOK?

      2017/04/02

入園式 服装入園式だから張り切っておめかししないと!とは言ったもののママの服装ってどうしようかな?やっぱりスーツ限定なのかな?他のよい服装はないだろうか?

なんて、心配ごとが尽きませんよね。2回めであれば慣れたものですが、初めての入園式となるとやっぱり間違った服装をしてしまうかも、なんて気になってしまうでしょう。

そこで、この記事では入園式のママさんの服装について、また髪型や靴について、やってはいけないタブーなどについて掲載していますので参考になさってください。

スポンサーリンク

服装はやっぱりスーツがベター!全体のコーデは?

入園式のママさんの一般的な服装は、やはりスーツです。同じスーツでも、パンツスーツよりもスカートスーツの方が華やかさが増します。色に関してなのですが、ブラック一色だとお葬式のようになってしまいます。オススメは、パステルカラーのピンクや黄色ホワイトなどの明るめの色です。

ここで気をつけたいのは、スーツの生地があまりにもラメが強かったり、色味があまりにも強かっ たりなど主張しすぎてしまうものは避けた方が良いでしょう。

ブラックスーツしかないし、一から揃えるのも…というには、ジャケットだけ手持ちの ものでインナーとスカートを明るめの物に、スーツスカートがブラックならばジャケッ トをツイードなどの明るめの色味に、と手持ちのアイテムを活かしてもOKです。

スカートの丈に関してなのですが、膝が見えない位の長がベストです。膝上のミニスカ ートだとギャルっぽくなってしまったり、周りのママさんから浮いてしまったりしてしまいます。

また、必ずストッキングは着用しましょう。ストッキングは自分にあったベージュ 系を選び、ブラックや柄ものは避けましょう。初めての入園式、卒園式の事も考えなきゃ…というママさんには無難なグレーのスーツ がオススメです。入園式には小物やコサージュで明るい色を取り入れ、卒園式の際には小 物をブラックで統一すれば、どちらにも着回せます。

スーツ以外でOKな服装はあるの?

やはりワンピースだと思います。もちろん丈は膝が見えない程度のもの。また、ワンピ ースのみよりは、+αでジャケットを羽織っていくと良いでしょう。そうすることで華や かに見えますし、室内と室外の気温差に困ることもありません。またお着物を着ていかれ るのもOKだと思います。

お着物だと固すぎるのではと思われるかもしれませんが、お着物の柄が派手すぎなければ大丈夫です。折りたたみ式のサブバッグを鞄に忍ばせておくと大活躍です。何か配布物があった時に便利ですよ!

スポンサーリンク

髪型や靴も心配!

nyuen-fuku4

まず靴についてですが、ヒールが高すぎないものを選びましょう。長時間立ちっぱなしの恐れもあるので、 とても重要です。もちろんヒールのゴムがすり減ってカンカン足音が鳴ってしまうものもNG!

出番が少なく、あまり使わないフォーマルな靴はシューボックスの中で眠ったままのものが多いと思いますので、入園式のなるべく前に靴屋さんでしっかりとお手入れしてもらいましょう。

サイズアウトしていたり、あまりにもダメージがあればこの機会に買い替 えてもOKだと思います。

つぎに髪型についてですが、ロングヘアの方は1つに縛るとすっきりとしたイメージで清潔感 も出ます。セミロングやショートヘアの方は、風が吹いても髪の毛が乱れないように軽く整髪料などをつけて整えておきましょう。

前髪のある方は、下ろしているよりも流した方 がスッキリとした印象が得られます。 そんなの自分でできないわ、と言う方にはセット専門サロンもオススメです。だいたい ですが2,000円からで髪の毛をセットしてもらえます。

ヘアアレンジが苦手な方はプロに お任せしても良いので良いのではないでしょうか。行きつけの美容院でもセットしてくれ ると思います。親子揃って行くのもいいですね。

入園式の服装で絶対に抑えておくべきポイントやタブーは?

押さえておくポイントと言えば、なんといっても「子供が主役」ということです。あま りの嬉しさについ自分が前に出てしまいがちですが、あまりに常識外れな服装は後々にマ マさん同士で話題になってしまったり、子供達の関係にまで影響してしまいます。

また、メイクもナチュラルにしましょう。最近は若いママさんも多いので、バッチリなつけま つ毛に太いアイライン…悪くはないですがTPOに合わせてくださいね。

まとめ

nyuen-fuku5

あくまでも子供が主役の入園式。後に振り返って恥ずかしい思いをしないよう、服装選 びは慎重に。またその地方や学校などにより違いもあるので、そこもしっかり把握して素 敵な入園式にしましょう。

どうしても心配な場合には地元の先輩ママさんなどにアドバイスを貰うのが、間違いがなくて良いでしょう!

スポンサーリンク