Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

みさき公園プールの入場料金&営業時間、割引法と混雑予想!

      2017/07/20

プールで涼みたい!でもプール以外も楽しみたい!そんな欲張りなあなたに「みさき公園」をオススメします。

でも大阪の端っこだから遠くて無理?いえいえ、入場料金のお得な割引がたくさんあるんです。

営業時間などの基本的な情報から混雑予想まで、今回はお伝えしちゃいますね。

スポンサーリンク

ただの公園ではありません!

大阪南端の岬町にあるみさき公園は「公園」という名前ですが、遊園地と動物園、イルカショーやプールがある複合レジャー施設です。ひとつじゃ満足できない人にはピッタリの施設ですね。

営業時間は9:30~17:00で、プールの営業期間は7/1~9/(プールのみ休業:7/3・6・7・10・13・14・休園日:7/4・5・11・12、9/1)です。

こちらでは年間を通して色々なイベントが行われているので詳細は公式サイト(http://www.nankai.co.jp/misaki.html)を確認してください。

どれを選ぶ?4つの割引方法

料金
おとな(中学生以上):2,100円
こども(3歳以上):1,200円

特別割引
学生は学生証、65歳以上の方は証明書を提示すれば1,500円

『プールと遊園地、動物園に入れるけれど、ちょっと高い』そう思った人が多いのではないでしょうか。車だとさらに駐車料金で1,200円かかります。

でもみさき公園ではお得な割引方法が4つもあるんです!

1.年間入園券を購入する
こちらは発行日から1年間有効になっていて、おとな3,100円、こども1,600円で発売されています。年に3回以上みさき公園に行く人はお得になっています。

ただしプール入場料金や遊園地のアトラクション利用料は別途支払う必要があります。

2.当日窓口で南海電車・バスの定期券、minapitaカードを提示する
みさき公園で当日券を買うときに南海電車・バスの定期券かminapitaカードを提示すると通常料金より「約2割引」になります。

そして定期券またはカードの所有者だけでなく、同行者も5名まで割引が受けられます。友達でも割引を受けられるのはうれしいですね。

3.コンビニで前売り券を購入する
当日券を買うために並ぶのはタイヘンという人には、コンビニで前売り券を購入することをオススメします。前売り券という名前ですが、当日でも購入は可能です。

大手コンビニの電子端末のほか、南海電鉄が運営するアンスリーのレジで「約2割引」にて購入することができます。

4.南海の主要駅でみさき公園ウキウキきっぷを購入する
電車の往復乗車券、前売り入園券、プール入場券がセットになっている大変お得なセットです。

料金は乗車駅によって変わってきますが、なんばからだと通常おとな3,680円が2,060円になり、子供も1,100円です。

料金の詳細は南海電鉄のサイト(http://www.nankai.co.jp/traffic.html)で確認してくださいね。

またみさき公園では途中の駅で車から電車に乗り換える「パーク&ライド」を推奨しています。駐車料金が無料になる駐車場もあるので上手に活用したいですね。

スポンサーリンク

車は混雑しちゃうカモ

misaki-park3

周辺の道路は普段から渋滞が起きやすく、特に夏の週末は混雑します。さらにお盆期間になると帰省の車も増えて動けなくなることも!なんとか到着しても駐車場が満車で入るのに待たないといけないこともあります。

先ほどのパーク&ライドや公共交通機関を利用するか、早めに到着するように出発してくださいね。

また中でも混雑が予測されるので服の下に水着を着たり、お弁当を持参して、混雑を回避しちゃいましょう。

スポンサーリンク