Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

みたままつり2017の時間日程詳細!屋台や見世物小屋は?

      2017/04/04

靖国神社

東京の靖国神社で行われる「みたまままつり」ですが、昭和22年から行われるようになり約60年の歴史となりました。今ではすっかり、夏に欠かせない行事となり多くの参拝客がみたまままつりにおとずれています。

さて、みたままつりですが2017年の時間や日程詳細はどのようになっているのでしょうか。

また、2015年に問題となった屋台や、気になる見世物小屋はどうなるのかも、合わせて記事にしていますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

みたままつり2017の時間・日程について

みたままつり

日程:2017年7月13日(木)から16日(金)に4日間開催
時間:18時から
会場:靖国神社
所在地:東京都千代田区九段北3丁目1-1
アクセス:JR中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分、地下鉄東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分、地下鉄有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分、地下鉄東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分

日程は7月13日から16日となっていて、これは毎年固定制となっているようですね。また、時間は18時からとなっていますが、「昇殿参拝」は9時から20時まで、「社頭参拝」は6時から21時30分までとなっています。

4日間で約30万人の来場者が訪れるということで、靖国神社境内や周辺では混雑が予想されますので、お気をつけください。

スポンサーリンク

屋台はどうなるの?見世物小屋は?

ご存知の方も居られるかと思いますが、2015年に屋台が大問題を引き起こすことになってしまいました。ここ5年くらいで、若者による行動が酷くなっていきました。お酒を飲んで、喧嘩をしたり、物を壊したり、ナンパをしたりと。

屋台を楽しみにしている人は、おまつりであれば多いのは事実ですが、靖国側としては本来あるべきおまつりの姿を逸脱しているということで、若者が訪れづらくなるようにと屋台の出店を禁止しました。

全ての人ではありませんが、露店を楽しみたい若者、みたまままつり本来の意味を感じて訪れる老若男女との違いが浮き彫りとなっています。

2017年ですが、その流れが大きく変わることは無さそうですから、屋台はもちろん、見世物小屋も期待できません。境内での酒宴も全面的に禁止されてしまったので、おまつり感を感じるには遠いものになってしまったのかもしれません。

終わりに

靖国神社靖国神社で行われる「みたまままつり」は、夏祭りの先取り感があり多くの若者が訪れて活気のあるおまつりとされてきました。しかし、若者の行き過ぎた行動によって屋台の出店がなくなり、日本人が大好きな縁日感がなくなってしまいました。

もちろん、おまつりの趣旨を感じている人自体が少なくなっていること自体が問題であって、若者全てが悪いというのは間違っているのかもしれません。

是非、屋台や見世物小屋を復活して、活気あるみたまままつりにしてもらえることを望んでやみません。

スポンサーリンク