Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

母の日の花選びはあじさいとラベンダーならどちらが人気?

      2017/02/06

母の日 花

母の日が近づいてくると一番頭を悩ませるのはお母さんに贈る花選びですね。毎年カーネーションだとありきたりすぎるし、他に兄弟がいればお花がかぶってしまうこともしばしばです。

だけど他のお花だと迷ってしまうあなたに、あじさいとラベンダーをお勧めします。でもおすすめ二つを一度には贈れないので、人気がある方のお花を選びたい。そんなあなたにどちらの花の方が人気なのか教えちゃいます。

スポンサーリンク

あじさいとラベンダーどちらが人気?

20代から50代女性のアンケートによる人気の花はこちらになります。

1位 バラ
2位 芍薬
3位 ラベンダー
4位 あじさい
5位 ガーベラ

ラベンダーが3位で、あじさいが4位という結果になり、ラベンダーの方に軍配が上がりました。爽やかな芳香と「優美、繊細、清潔、許し合う愛」の花言葉がプレゼントの花として最適だからでしょう。

でもちょっと待ってください。このランキングでは母の日に圧倒的な人気のあるカーネーションが入っていませんよね。実はこのアンケートは母の日以外も含めた人気の花のランキングです。それでは母の日だけで見てみるとどうなるのでしょう。

ネットショッピングで選ばれた母の日の人気の花はこちらになります。

1位 カーネーション
2位 バラ
3位 あじさい
4位 ゆり
5位 胡蝶蘭

やっぱり1位は圧倒的人気のカーネーション、続いて人気の花1位のバラになります。そしてあじさいは3位に入っています。ラベンダーはランク外という結果になってしまいました。

これは5月に購入できるあじさいが、色も形も種類も特に豊富なためだと思われます。また「家族団欒、元気な女性、ひたむきな愛情」といった花言葉も選ばれる理由の一つでしょう。

母の日の花選びにはあじさいの方が人気という結果になりましたが、ラベンダーも人気が高い花なのでどちらを贈られても間違いはないです。

スポンサーリンク

失敗しない花の選び方って?

mothers-day-hanaerabi1

贈る花は決まったけれど、切り花や鉢植え、アレンジメントにプリザーブドフラワー、どのような形態がいいのか迷ってしまいます。失敗しないためには、お母さんの生活スタイルと好みを考えてみましょう。

ガーデニングが好きなお母さんには、お花が終わった後でも育てる楽しみがある鉢植えが喜ばれるでしょう。部屋のあちこちにお花を飾る習慣があるお母さんなら切り花がいいかもしれません。

とても忙しいお母さんには、水やりをしなくていいプリザーブドフラワーやドライフラワーは手がかからなくてお勧めです。でもよく考えたけれどお母さんの好みが分からないという場合には、アレンジメントが無難です。そのまま飾れるお手軽さに加え、デザインの種類も価格も豊富にあります。

反対に贈らない方がいい花もあります。病床にあるお母さんには「根付く」ので鉢植えはやめた方がいいでしょう。

そして白のカーネーションは亡くなったお母さんに贈る花とされているので、こちらもやめた方がいいでしょう。また花言葉の中にはネガティブな意味を持つものもあるので、贈る前に花の名前と色であらかじめ調べてから贈る方が無難です。

まとめ

mothers-day-hanaerabi2

母の日にお花を贈るのは、お母さんに喜んで欲しいからだと思います。ランキングの順位だけではなく、お母さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら選びましょう。

そんな風にお母さんのことを思いながら選んだ花は、あなたの言葉だけでは足りない思いも伝えてくれるでしょう。

スポンサーリンク