Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

菜の花の花言葉って何?旬で見頃な季節・時期と名所を紹介!

      2017/01/12

菜の花の花言葉

菜の花は可憐に咲いてカワイイお花を代表するひとつです。鑑賞だけでなく食用としても菜の花は重宝されていたりもします。

そんな菜の花の花言葉はご存知でしょうか?ついつい花を見たりすると「花言葉」が気になってしまいますよね。

また、菜の花って実際には旬を迎える時期や、見頃の季節っていつになるか知っていますか?

これらの疑問についての調べたことを、以下に記事にしていますのでチェックしてみてください。また菜の花が観れる名所の紹介も合わせてしていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

菜の花の花言葉を紹介!

・元気がある
・活発
・快活
・明るい

菜の花の花言葉には以上のような意味合いがありました。菜の花を観たイメージにピッタリですね!「愛」からは少し外れたイメージの花ですが、元気なイメージを持てる花なんですよね。

菜の花の旬の時期は?見頃の季節はいつ頃?

菜の花 見頃

菜の花は一般的には春の時期に旬を迎える花とされています。ですから見頃の季節は早春から春先にかけての季節という事になります。

本来は2月から3月頃でしたが、育成方法の改良などによって4月でも咲くようになっています。

ただし、日本は南北に長いので鹿児島などでは1月に観る事が出来ますが、北海道などでは5月下旬頃から6月上旬にならないと菜の花を観る事が出来ません。

ちなみに、季語として使う場合には「晩春」を意味しています。旧暦に合わせているので晩春ですが、今の晩春とは2ヶ月近いズレがあったりします。

スポンサーリンク

菜の花を観れる名所7選!

1.青森県横浜町
こちらでは「横浜町菜の花フェスティバル」というイベントが、毎年5月の第3日曜日に開催されています。

菜の花を町おこしに活用している横浜町の菜の花フェスティバルでは、マラソン大会があったり、菜の花をヘリコプターに乗って見下ろすことができる遊覧飛行なども開催しています。

北日本を代表する菜の花の名所です。

<青森県横浜町の地図>

2.東京都内「浜離宮恩賜庭園」
こちらは都内を代表する菜の花の名所になります。3月始め頃からおよそ300,000本もの菜の花が咲き乱れてくれます。

また菜の花まつりの開催もあり、土日祝日などにはイベントも開催されています。
<浜離宮恩賜庭園の地図>

3.長野県飯山市
こちらでは「菜の花公園のいいやま菜の花まつり」が開催されています。4月下旬から5月上旬に見頃のピークを迎えます。

こちらの菜の花は「野沢菜」で有名な菜の花になります。

<長野県飯山市の地図>

4.茨城県ひたちなか市
こちらの「国営ひたち海浜公園」は関東を代表する名所になります。寒い時期に咲く品種や遅い時期に咲く品種まであるので、1月上旬から4月下旬ごろまで菜の花を楽しむ事ができます。

国営ひたち海浜公園では菜の花だけでなく、たくさんのお花を鑑賞できるのでお花好きな方にはオススメのスポットです。

<国営ひたち海浜公園>

5.兵庫県淡路市
こちらの「あわじ花さじき」では、3月上旬から4月中旬まで菜の花を楽しむ事ができる、関西を代表する名所です。

こちらの菜の花畑はとても広く、圧倒的な景色が広がるオススメスポットです。

<あわじ花さじき>

6.広島県庄原市
こちらの「国営備北丘陵公園」では菜の花畑はもちろんですが、チューリップなどの花も数多く約100万本もの花が咲いています。

春先には「春まつり」を開催していたりもする、中国地方を代表する名所です。

<國営備北丘陵公園の地図>

7.鹿児島県指宿市「池田湖畔」
こちらは1月上旬には見頃を迎える、最南の菜の花名所です。満開時期に合わせて「菜の花マラソン」が開催されたりもします。

池田湖や開聞岳を見ながらの菜の花畑は、とても綺麗に鑑賞することが出来ます。

<池田湖畔周辺の地図>

菜の花は鑑賞だけでなく食べても美味しい!

菜の花畑

ご紹介してきたように鑑賞用として知られる菜の花ですが、食べても美味しいのが菜の花です。

胡麻和え、パスタ、サラダ、おひたしなどなど、何にしても美味しい菜の花。また菜種油も菜の花から取れる、本当に貴重なお花なんですよね!

そんな菜の花は全国各地で1月頃から6月頃まで幅広く観る事が出来ます。

菜の花の花言葉のように、観に行けば「元気で活発」にもなれるはずですよ!

スポンサーリンク