Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

成田祇園祭2017の時間や日程って?駐車場や交通規制は?

      2017/06/29

千葉県成田市で開催される「成田祇園祭」で賑わう時期が2017年もやってきましたね!成田市を盛り上げる一大イベントでもある成田祇園祭には、例年約45万人もの来場者が訪れるとか。

そんな成田祇園祭2017の日程や時間について、こちらの記事で詳しくお伝えしていきたいと思います。

また、駐車場や交通規制について知りたいと思っている人も多いので、合わせて記事にして居ますので参考になさってください。

スポンサーリンク

成田祇園祭2017の時間や日程について

日程:2017年7月7日(金)から7月9日(日)の3日間開催
時間:初日は13時30分から、2日目は9時から、最終日は13時から
会場:成田山新勝寺
住所:千葉県成田市成田1

成田祇園祭は昔から7月7日から9日に一番近い「金・土・日」の開催と決まっています。2017年は7月7日から9日の3日間での開催と決まりました。

3日間で45万人とも言われていますので、多くの来場者がこの成田祇園祭に訪れることが伺えますね。それだけ、混雑するとも言えますので、アクセスされる際には十分ゆとりを持ってお出かけしてください。

駐車場や交通規制は?

まず駐車場についてお伝えしてきます。駐車場ですが、残念ながら専用駐車場は用意されていません。また、会場周辺や山車巡行コースなどでは交通規制がひかれていますので、マイカーでのアクセスはオススメできません。

もしアクセスする場合には、電車でのアクセスをオススメします。

【電車】「京成電鉄 京成成田駅」または「JR線 成田駅」より 徒歩10分

交通規制については、「成田山新勝寺」から「「JR成田駅」にかけて、山車巡行コースになっていますので、車両の乗り入れが出来ません。

スポンサーリンク

おまつりの見どころは?

・山車、屋台競演
見た目は同じように見えますが、山車と屋台という2種類のものがあって、その2種類が成田山新勝寺を中心にして巡航していきます。

ちなみに違いは「人形が乗っているか乗っていないかの違い」になります。屋台には乗っていない、山車には乗っている、という分け方が出来ます。

山車と屋台ともに、迫力があってとてもオススメです。特に成田山新勝寺に向かっていくときには、坂道になるので特にオススメしたいですね。乗り手と引き手の上手く掛け合いも見どころの一つです!

日中と夜間では、見栄えも違ってきます。夜になれば明かりを灯して山車や屋台が動いていきますので、この姿も見応えがあってオススメですね。

山車と屋台は絶対に見たいところ!

成田祇園祭では、山車と屋台の巡行はやはり抑えておきたいですね。3日間ともこのイベントは行われていますので、是非見てもらいたいですね!

また、露店で食べ物もあったりするので、お腹も満たしてあげてください♪もちろん、成田山新勝寺へのお詣りも欠かせませんね。

それでは、成田祇園祭2017を満喫してください!

スポンサーリンク