Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

新入社員が自己紹介で抑えるべき挨拶スピーチ方法と例文紹介!

      2017/01/11

新入社員 自己紹介

新入社員は自己紹介をする機会が多いので、そんな時でも焦ることなく自分を上手くアピールできるような挨拶やスピーチの方法を知っておくととても役に立ちます。先輩からも一目置かれる存在にもなれることでしょう。

そこで、挨拶スピーチの方法と合わせて例文の紹介もしておきます。とてもシンプルですが要点を抑えた方法ですからオススメです。

スポンサーリンク

自己紹介の雛形を作っておく!

新入社員 自己紹介 例文

自己紹介で毎回毎回、何を話そうかなんて考えていたらきりがありませんので雛形を作ってしまいます。

1.挨拶
始めは挨拶から入りましょう。そして大きな声で挨拶をすると受け取る側も良い印象を持ちます。こういった自己紹介では出だしが肝心なので実践しましょう。これらを最初に必ず入れましょう。

・おはようございます。
・こんにちは。
・はじめまして。

2.氏名
これも絶対に欠かす事ができませんよね。紹介された時にはまず氏名を名乗るのは社会人として基本中の基本になります。出来れば下の名前まで相手に伝えると好意的です。

・田口康介ともうします。田んぼのタに入口のクチで田口、康介は水泳の北島康介選手と同じで健康のコウと介護のカイで康介と言います。

このように誰でも分かるような喩えを入れておくと、相手にも伝わりやすくなります。

3.出身
あなたの出身地を伝えてみましょう。地元に就職したのであれば高校や中学の名前を伝えるもの良いでしょう。地元以外に就職した場合には都道府県を伝えておきましょう。

・私の出身は北海道札幌市で、大学4年間は東京で過ごしました。
・私は○○工業高校出身で、18年間地元で過ごしてきました。

出身を伝えておくことで、親近感を相手に与える事ができます。高校が同じ人がいるかもしれませんし、同郷の人が居るかもしれません。後で話のタネになるので是非入れておきましょう。

4.趣味、特技
趣味や特技を伝えておくことで、これも話のタネになってくれます。趣味も特技もありません、では話が続かなくなってしまいますし、どんな生活をしているんだこいつは?と不信感を与えてしまいます。

・趣味ですがスポーツが好きなので、スポーツ鑑賞全般になります。
・高校までサッカーをしていたのでスタミナには自信があります。
・特技はパソコンでタイピングには自信があります。

ここで嘘をつく必要はありません。タイピングが早くないのに早いと言ってみたり。スポーツ音痴なのにスポーツ好きを装ってみたり。後で突っ込まれることになりますので注意が必要です。

5.自分の良い点、悪い点
良い点と悪い点を皆さんに伝えておきましょう。ここでは必ず、悪い点を言ったあとで良い点を伝えましょう。相手に与える印象が変わってきますよ。

・私の自己評価で悪い点ですが短時間しか集中できないところです。逆に良い点は短時間の集中力が凄いとことです。

このように悪い点の裏返しを言っても良いでしょう。ただし、悪い点を無理に見つけて言う必要はありません。あまりに突拍子もない事を言ってしまえば印象が悪くなってしまいますので。

以上5つの要点を抑えておけば自己紹介としては全く問題ありません。あとは自分なりの雛形を作っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

スピーチでは緊張しても良い!

自己紹介 スピーチ

スピーチをする時に緊張してしまう事って誰でもあるものです。そんな時には緊張してしまっている事を悔やんでも仕方ありませんし、逆効果になってしまいます。

緊張は誰でもするものですから、緊張している事を考えるよりも挨拶、スピーチで聴いている人に対して伝える気持ちを大切にすると緊張を良い方向に向ける事ができます。

また、スピーチをする時に「えーと」とか「えー」とかを頻繁に入れないクセを付けておきましょう。

これは聴いている人からすると聴きづらくさせるスピーチになってしまいます。

自己紹介で好印象を与えておくのが吉

新入社員の自己紹介ですから、本当の第一印象になる人がほとんどです。なので、自己紹介でしっかりと相手に好印象を与えておきましょう。

社会人になったら学生気分というものは全て捨てておきましょう。社会人の一日一日があなたの評価を高める勝負の場なのですから。

スポンサーリンク