Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

岡山桃太郎祭り2017の日程時間&アクセス情報!見所は?

      2017/06/15

岡山桃太郎祭りは、岡山県内はもとより県外からも多くの観光客が訪れる、たいへん人気のあるお祭りです。

このお祭りは、もともとあった3つのお祭り(岡山桃太郎まつり、夏まつりおかやま、うらじゃ)を一つにまとめて行うようになって、今年で16回目となります。

祭りのメインは、花火大会とうらじゃ踊りで、「うらじゃ」というのは「温羅化粧」という独特なメイクをして、桃太郎と鬼との戦いをテーマにして踊る演舞だそうです。花火大会も楽しみですが、私はうらじゃというのを見たことがないので、非常に興味があります!

この記事では、そんな岡山桃太郎祭り2017の日程や時間、アクセス方法や見所について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

岡山桃太郎祭りの日程は?

日付:2017年8月5日(土)、6日(日)
時間:未定
場所:JR岡山駅前~市役所筋~表町商店街の周辺周辺

アクセス方法ですが岡山駅を降りてすぐに会場がありますので、電車でアクセスされるのがベストですね。駐車場についてはパーキングなどを使いましょう。

※詳細な日程は、岡山桃太郎祭りの公式HP(http://www.okayama-momotaro-fes.jp/)を参照してください。

花火大会の日程とアクセス方法について

日時:8月5日(土)午後7時30分~8時30分
場所:旭川第1緑地(岡山県岡山市中区東中島町1)

電車の場合:JR岡山駅から路面電車に乗車し西大寺町電停で下車、約10分。JR岡山駅から徒歩の場合は約30分。

バスの場合:JR岡山駅から約15分、停天満屋バスターミナル、または、宇野バス本社前で下車。徒歩で10分。

車の場合:山陽自動車道・岡山ICより岡山北バイパスを経由して約20分。

※会場周辺に駐車場がありません。岡山操車場跡地(住所:岡山県岡山市北区北長瀬表町1)が無料開放されるので、車で来る方はそちらを利用しましょう。お祭り会場まではシャトルバスが運行される予定です。

※当日は会場周辺で交通規制が行われて、車(自転車も)で乗り入れることができません。

スポンサーリンク

岡山桃太郎祭りの見所は?

1.花火大会
約5000発の花火が打ち上げられ、仕掛け花火やスターマインなどが岡山の夏の夜空を彩ります。会場近くの天満屋では、屋上でビアガーデンが開設されるので、ビールを飲みながらの花火鑑賞もいいですよね♪

岡山後楽園から花火を見るのもおススメです。夏の間、庭園がライトアップされるので、花火と合わせて2倍楽しめますね。

2.うらじゃ踊り
市内の各会場で、工夫をこらした華麗な衣装に身を包み、温羅化粧をして踊る様子は必見ですよ!踊りも、温羅伝説のストーリーを元にしているので、見応えがあります。

お祭り2日目に行われる「総踊り」は、すべてのグループが集結して、観客も巻き込んで踊るので、フィナーレにふさわしいたいへんな盛り上がりとなります。

観客の方にも温羅化粧をしてくれるので、お祭りを見に行く方はやってみてくださいね♪

屋台はどんな店があるの?

屋台

お祭り定番の、たこ焼きやかき氷、綿あめや金魚すくいなどのほか、豚肉や牛肉の串焼き、ご当地グルメのひるぜん焼きそばなども出店しています。

岡山市役所周辺や、花火大会の会場近くの水之手筋のあたりに出店していますので、行ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?まだ歴史の浅い岡山桃太郎祭りですが、若者を中心に作り上げられるうらじゃは、桃太郎と鬼の対立ではなく「共生と融和」をテーマにしているそうです。

郷土の歴史に興味がなかった人も、このお祭りを通して、郷土の歴史や文化にふれ、自分の街を大切にする心を育てることができるなんて、素晴らしいですよね。

今年の夏は、岡山桃太郎祭りに行って、うらじゃと花火をぜひ堪能してください♪

スポンサーリンク