Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

大洗花火大会2017の時間&駐車場&穴場情報!屋台数は?

      2017/07/10

花火

大洗海上花火大会は、茨城県大洗町で開催される海上花火大会ですが大変人気があり多くの方が楽しみにしているイベントです。

内閣総理大臣賞も獲得している「野村花火工業」の創造花火を中心に、大迫力の尺玉10連発、“ビッグ”、“ワイド”の二種類のスターマイン、音楽と合わせ打ち上げられるミュージックスターマインなど様々なユニークかつ美しい花火が名物となっていますよね♪

連発花火によって明るく照らしだされる夜空と海はまさに必見!多くの来場者を楽しませてくれます。

こちらの記事では、大洗花火大会2017年の開催日程や時間、駐車場情報のほか、屋台、穴場情報をご紹介していますのでチェックしておいてください。

スポンサーリンク

2017年の開催日は7月29日!

今年の大洗海上花火大会開催日程、場所は下記のようになりました。

日程:2017年7月29日(土)※延期の場合は7月30日(日)
時間:19:30~20:30
場所:大洗サンビーチ(茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先)

昨年の来場者数は約10万人と言われていますので、それなりの混雑が予想されます。

アクセス

【鹿島臨海鉄道を利用】
大洗駅から
・徒歩15分
・城交通臨時バス大洗サンビーチ行き6分

【自動車を利用】
東水戸道路水戸大洗ICから国道51号を大洗方面へ(7km)

駐車場情報

大会の駐車場は大洗サンビーチ海水浴場の駐車場が開放されています。

【大洗町営駐車場】
収容台数:7,500台
駐車料金:1,000円/1日
場所:大洗サンビーチ

収容台数が多く、昼頃でもまだ空きがある場合がありますが、大会終了後は帰宅する車で大混雑となるのでその点は注意が必要です。

他の周辺に点在する会場近隣の駐車場を利用してもどうしても大会終了後の渋滞には巻き込まれてしまうため、とにかく渋滞を避けたい場合は水戸駅等に車を停めて鹿島臨海鉄道を利用するなど工夫が必要です。

よく見える穴場情報!

1.大洗リゾートアウトレット
住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2

会場のすぐ隣りにあるアウトレットモールです。雰囲気もよく、会場とほぼ変わらない花火が見られるのが魅力です。打ち上げ時間までの時間潰しにもちょうどいいのもポイントです。ただし、会場のすぐ近くなのでそれなりの混雑が予想されます。

2.めんたいパーク大洗周辺
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3

会場から北側にあるめんたいパーク大洗周辺です。会場から少し離れているものの目の前が海のため遮るものもほとんどなく、花火を綺麗に見ることができます。

3.大洗サンビーチキャンプ場周辺
住所:茨城県東茨城郡大洗町大貫町1212-57

会場から南側にあるキャンプ場です。やはり会場からは少し遠いものの、遮るものがないためよく花火が見えるスポットです。また、渋滞が発生するルートから少し離れているのも魅力の一つです。


スポンサーリンク

屋台情報

屋台は主に会場の大洗サンビーチに出店されます。屋台村と言っていい規模の出店がありますが、10万人ほどが訪れる規模に対して若干数は少なめでかなり混雑するすることが予想されます。

ただ、ビーチということもあって毎年海の家が数軒ほど出店されているので、そこを利用することもできます。せっかくなので海の家でビーチ気分を味わいながら花火を眺めるのもいいかもしれません!

まとめ

大洗海上花火大会は計3,000発に及ぶ打上数に加え、それぞれに趣向を凝らした花火が見られることが魅力です。

また、大会当日に大洗港に現れる「にっぽん丸」は横浜港を出発して大洗の花火大会を楽しめる花火大会クルーズ2泊3日の豪華客船です。

大会終了後はどうしても混雑してしまう大洗花火大会ですが、にっぽん丸はもちろんそんな混雑とは無縁。思い切って豪華客船で優雅に船上花火見学もありかも!?

にっぽん丸花火大会クルーズ
http://www.cruiseplanet.co.jp/jap/jp_np_170728.html

スポンサーリンク