Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

大曲花火大会2017の時間とプログラム!駐車場と穴場は?

      2017/06/27

大曲花火大会、と聞くと「秋田の大曲である花火大会かな?」くらいの印象しかないかもしれませんが、実はこの花火大会、ただの花火大会ではありません。

大会の正式名称は全国花火競技大会(通称:大曲の花火)といい、その名の通り、花火師の全国大会です。それも最高賞は内閣総理大臣賞という日本最高峰の権威ある大会という、日本どころか世界からも注目される花火大会なのです。

打上数も最大18,000発、人出は70万人超と規模も最高峰!さらに今年2016年は第90回というメモリアルな大会になっています。

今回は大曲花火大会2017の開催時間、見所満載のプログラム、駐車場情報のほか、知っておきたい穴場スポットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

開催日は8月26日!昼花火もあり

日程:2017年8月26日(土) ※雨天決行。荒天時は順延予定(日程は未定)

時間:17:30~18:15(昼花火の部)、18:50~21:30(夜花火の部)

場所:秋田県大仙市大曲花火大橋付近雄物川河畔

気になるプログラムは?

【昼花火の部】

昼花火は明るい時間から打ち上がる色のついた煙を主体とする花火で、昼花火の大会はこの大曲の花火でしか見ることができません。

【夜花火の部】

1.10号玉の部

いわゆる尺玉である10号玉で競う競技です。伝統的な手法を用いその精巧さ、調和美を競うもので、正統派の花火を見るならこのプログラムが狙い目です。

2.創造花火の部

花火といえば丸い形が普通ですが、創造花火の部ではそうした概念にとらわれない花火を見ることができます。

花火師ごとにテーマに沿ったユニークな花火はもはや芸術の域!普通の花火大会ではまず見られないような独創的な花火に大興奮必至です。

スポンサーリンク

駐車場はある?

大曲花火大会では駐車場が用意されており、有料、無料合わせて19,000台ほどの駐車場が設置される見込みです。

2017年の大曲花火大会の駐車場情報・交通規制情報は大仙市ホームページ内の「大曲の花火ポータルサイト」で7月上旬に公開予定です。

「大曲の花火ポータルサイト」
http://www.city.daisen.akita.jp/bunya/omagari/

大曲花火大会の穴場はどこ?

姫神公園

住所:秋田県大仙市花館松山1-1

会場から1キロほど北へ行った川沿いの丘にある公園です。

会場付近の大曲花火大橋を見渡せる位置にあり仕掛け花火のような低い位置であがる花火でも十分に見ることができるとのこと。

※穴場を紹介しましたが、開放されていない事もありますので直接ご確認ください。

この他、大曲花火大会では有料席も用意されていますが、抽選販売で競争率は非常に高いです。

ローソンチケットにて有料チケット第一次抽選受付(6月9日~)、第二次抽選受付(7月4日~)
http://l-tike.com/event/oomagari-hanabi/

まとめ

国内屈指の花火大会であると同時に、世界的にも有名な花火の競技大会でもある大曲花火大会。

花火そのものが主役であるこの大会はただドカンドカンと打ち上がってお祭りを盛り上げる花火と違い、打ち上がる花火一つ一つに花火師のこだわりや思いを垣間見ることができます。

18,000発という数に目を奪われがちですが、大曲花火大会の最大の魅力は一発一発の花火に花火師の思いを強く感じられる、どこよりも濃厚な花火体験ができることではないかと思います。

スポンサーリンク