Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

サンジョルディの日とはどんな意味や由来がある日なの?

      2017/04/01

そっか、今日は「サンジョルディの日」だったね!・・・サンジョルディの日とは何の日ですか??本日は「今日は何の日?」シリーズをお伝えしていきます。

4月23日はサンジョルディの日とされていますが、一体どんな意味や由来からきてるのか気になったりしますよね?

そこで、この記事ではそういった疑問についてお答えしていきます。あなたのプチ情報として取り入れてみてください。

スポンサーリンク

サンジョルディの日の意味や由来は?

4月23日がサンジョルディの日と制定されていますが、まずどういった意味や由来があって付けれているのでしょうか。

まずサンジョルディとは人の名前です。この人はサッカーで有名なスペインのバルセロナがある「カタルーニャ州」の騎士だったとされています。カタルーニャではその昔、ドラゴンが存在して生け贄を毎日毎日喰らっていたんです。

そして、ついにはカタルーニャの王様の娘までもが、生け贄にされようとしたその時!サンジョルディが現れて、ドラゴンとの格闘の末に勝利を手にしました。その時に、槍で一刺ししたのですが、ドラゴンから溢れ出る血によってこれまでに観たことも無いようなとても綺麗なバラが咲いたんです。

そのバラと手にとって、王様の娘に手渡したと言われています。

その出来事依頼、サンジョルディを見習って大切にしている人に対して、美しさの象徴として「バラを1本」挙げるようになりました。また、知性の象徴として「本を1冊」贈ることになったのです。

よって、サンジョルディの日とは愛する大切な人へ、「バラを1本」「本を1冊」贈る日として定着していきました。ですから、基本的には男性はバラを女性に、女性は本を男性にというのが通例となりました。

なぜ4月23日なのか?

サンジョルディの日

では、どうして4月23日なのでしょうか。別にドラゴンを倒した日が4月23日という訳ではないそうです。

4月23日はシェイクスピアやセルバンテスと言った有名な文学者の命日にあたります。そこから「世界本の日」とユネスコが制定するようになっていきました。

サンジョルディの日には本を渡すことが通例となっている点から、本の日をサンジョルディ日、すなわち4月23日をサンジョルディの日とする事になったんです。

スポンサーリンク

まとめ

第二次世界大戦後には、カタルーニャ州は弾圧からカタルーニャ語を喋ることを禁止されていきました。その弾圧から開放された時に、公にサンジョルディの日を祝うことが出来るようになったそうです。そのような遺恨もあり、カタルーニャ州はスペインからの独立を画策しているともされています。

日本とは直接関係が無さそうなサンジョルディの日ですが、名古屋ではサンジョルディフェスティバルなども開催されていたりします。

この4月23日にはサンジョルディを見習って、大切な人に「バラ」や「本」を贈ってみてはいかがでしょうか?

「なんでバラをくれるの?」と聞かれたら、「それは今日がサンジョルディの日だからだよ!」と言ってみたりするのもおしゃれかもしれませんね!

スポンサーリンク