Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

西武園のプールの料金&割引法は?駐車場と混雑について

      2017/05/03

都心から1時間ほどで楽しめるプールのひとつが西武園です。近場で楽しめる大型プール施設というだけで魅力的ですよね。

でも近くても心配になってくるのは料金のコト。だけど見逃せないお得な割引があるって知っていましたか?

お出かけするにはチェック必須な駐車場や混雑の情報もまとめてお伝えしますね。

スポンサーリンク

電車がお得?西武園プールの基本料金とお得な割引法

【基本情報】
営業時間:7月2日(土)~9月4日(日)※休園日アリ
所在地:埼玉県所沢市山口2964
アクセス:【車】関越自動車道所沢I.C.から約30分、圏央道入間I.C.から約20分【電車】西武遊園地駅、遊園地西 下車すぐ
その他交通手段や詳細はこちら→(http://www.seibuen-yuuenchi.jp/access/)
お問い合わせ:04-2922-1371
URLhttp://www.seibuen-yuuenchi.jp/

【基本料金】
おとな(中学生以上):2,200円
こども(3才~小学生):1,200円
シニア(60才以上):1,200円

プール期間になると西武園では、「プール入場&遊園地」の入園がセットになったプール入場券が発売されますが、これが基本料金となります。

プールだけを楽しむならこれでも十分ですが、せっかく遊園地に来たのだからアクションも楽しみたいですよね?そんなあなたにオススメは「夏の1日券」です。

1.夏の1日券
こちらにはプール入場と遊園地の入園にアクション乗り放題とハローキティのウォーターパーク入場がついています。この西武園をまるごと楽しめる1日券の料金は以下になります。

おとな(中学生以上):2,500円
こども(3才~小学生):1,500円
シニア(60才以上):1,500円

プール入場券にたった300円を追加するだけで、西武園を遊びつくせるなんて本当にお得です。

でもお得な料金はこれだけではありません。西武線の一日フリー乗車券がついた「プールトクトクパス」が驚きの価格なんです!

2.プールトクトクパス
このパスには多摩川線を除いた西武線の一日フリー乗車券とプール入場券、遊園地の入園料、そしてアクション2回利用がついて、次のとおりになります。

おとな(中学生以上):2,300円
こども(3才~小学生):1,300円

プール入場券と100円しか変わらないのに西武線に乗り放題なんて夢のようですよね。アクションが2回しか使えませんが、プールで遊んで帰りにまた電車に乗ることを考えるとちょうどいいのかもしれません。

プールトクトクパスは遊びに行く当日に多摩川線を除いた西武線の各駅で購入することができます。

スポンサーリンク

早起きが混雑回避の鍵?!2つのメリット

お休みのお出かけは、できたらゆっくりと出発したいものです。でも西武園を思いっきり楽しむためには早起きをすることをオススメします。なぜなら2つのメリットがあるからです。

1.駐車場
西武園には中央口、東口、西口の3つの駐車場があり、プールから一番近いのは東口になります。駐車料金は1日1,500円です。

この駐車場は3か所合計1,200台駐車できますが、平日でもとても混雑します。週末やお盆は遊園地の入場時間に長蛇の列になることも。

できれば駐車場が開く時間に到着することをオススメします。もしくは途中で車から電車に乗り換えて、プールトクトクパスを利用するのもいいですね。

2.場所取り
夏のプールを楽しむために、忘れてはいけないのは場所取りですよね。ただ西武園は日陰になっている場所が少ないです。

オススメの場所は「ロッカー近くの木陰」と流れるプール側の「波のプールの近くの木陰」です。数少ない日陰なので、開園直後に場所取りしないとすぐにいっぱいになってしまいます。

有料の休憩場所もありますが、数が少ないうえに料金も高いです。サンシェードなどを持参して場所取りしてくださいね。

混雑の一歩先を!

駐車場や場所取り以外でも、着替え、食事などどうしても混雑してしまう場面があります。混雑しはじめたからと売店に行ったり、帰り支度を始めると混雑に巻き込まれてしまいます。

『少し早いかな?』と思う時間に先んじて昼食を買ったり、帰り支度を始めたりするようにしましょう。早め早めの行動が一番ですよ。

スポンサーリンク