Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

川内花火大会2017の駐車場と穴場は?プログラム内容は?

      2017/06/16

九州でも屈指の川内花火大会。鹿児島の川内川よりあがる花火の壮大さ、素晴らしさに惹かれ、毎年大人気の花火大会となっています。

早く実際に行って、味わってみたい!でも人気のある分、混雑することなど頭に浮かぶかもしれません。

そこで川内花火大会2017のプログラムの内容や、駐車場、アクセスなどの関連情報、花火をみる穴場について調べてみました。

スポンサーリンク

プログラムの内容は?大会概要

【第59回・川内花火大会】
開催日:2017年8月16日(水) 荒天の場合、18日(金)に延期予定
時間:19時40分~21時20分
場所:川内川河川敷、太平橋下流の河川敷一帯
問合せ:川内商工会議所 電話:(0996)22-2267
HPhttp://sendai-cci.jp/index.php?cID=231

打ち上げ場所は、川内川にかかる太平橋の下流、河川敷一帯。

連射&仕掛け花火が同時にあがって、迫力満点! 1km(!?)にも及ぶ、川内川を横断するナイアガラのスケール感。プログラムのオリジナリティにあふれ、思わず釘付けになってしまいそうですね。

アクセス方法は?

アクセス方法:
【電車】JR川内駅より徒歩で約15分 【車】南九州道 薩摩川内都ICより約15分

花火大会ではかなりの混雑が予想されるため、主催者側も車利用の自粛を伝えています。できる限り、公共の交通機関のご利用をおすすめします。

当日は臨時でJR在来線、新幹線の増便もされます。大会開始30分前、19時位には電車で訪れた人達が加わり、会場までの道も混みあってくるようです。

駐車場はあるの?

花火

花火大会の日、駐車場の用意はされますが、かなり早い段階で満車になってしまう模様。ご利用可能な時間帯に分けてご紹介します。

<16時~23時>
1.亀山小学校・校庭
2.川内北中学校・校庭
3.川内小学校・校庭
4.旧市立体育館・跡地
5.向田公園

<18時半~23時>
6.プラッセ食品館・向田店 駐車場
7.プラッセだいわ・大小路食品館 駐車場

<18時~23時>
8.赤玉パチンコ・中郷店 駐車場
9.ゴールデン八光・川内店 駐車場

早くて16時から駐車場の時間に合わせ、待機する車がふえるようです。余裕をかなりもって、おでかけ下さい。

スポンサーリンク

交通規制 気になる渋滞などの関連情報!

交通規制(※2015年情報):17時~22時(会場周辺)

「開戸橋」「清水丘保育園」の付近は、事故防止・安全のため19時~花火大会の終了まで立ち入り禁止です。ご注意下さい。

車の渋滞は必須なので、駐車場はもちろん帰りの道路もかなり混みます。電車の方も増便されるものの、駅前の道のりも人にもまれる状態に!快適さと速さの面から、帰りは少し割高でも新幹線の利用がおすすめです。

車と電車両方とも、かなり余裕をもって到着し、帰りは少し早めに帰るくらいのほうが混雑をさけられるでしょう。

知りたい!花火をみる穴場

花火のおすすめの穴場は、具体的な場所でないのですが「河川敷」でみること。河川敷が広くゆったりしており、また広範囲で花火を鑑賞することができます。会場から離れたほうからみれば、より人も少なめに。

ただし会場の開戸橋は立ち入り禁止で鑑賞できませんので、ご注意下さいね。

まとめ

花火大会

川内花火大会はちょうどお盆時期にも重なり、かなりの混雑が予想されます。しかし毎年8万人もの人が訪れるのは、それ以上に人を魅了する、素晴らしい花火に出会うため。

時間の余裕をもち、早めの行動を心がけ。当日は感動の花火体験を!

スポンサーリンク