Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

清水みなと祭り2017の日程時間と花火情報!駐車場と屋台

      2017/05/05

静岡県清水市で行われている「清水みなと祭り」は歴史と伝統のある夏祭りとして、多くの方から愛されています。港かっぽれ総踊り、清水ゆかた踊り地踊衆、花火大会といったイベントが3日間に渡って行われていきます。

そんな清水みなと祭り2017の日程や時間について、フィナーレを飾る花火大会情報、駐車場や屋台情報、そしておまつりの見所などをお伝えしていきますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

清水みなと祭り2017の日程時間について

日程:2017年8月4日(金)~6日(日)
時間:4日(金)9時30分~21時、5日(土)10時~21時、6日(日)10時40分~20時30分
場所:さつき通り、日の出埠頭、清水マリンパークなど

アクセス方法:さつき通り⇒静岡鉄道「新清水駅」下車すぐ、清水マリンパーク、日の出埠頭⇒静岡鉄道「新清水駅」より徒歩約15分
駐車場:ナシ

駐車場は用意されていませんので、コインパーキングなどを利用しましょう。ただし、お祭りの最中は混雑してしまいますから満車になる可能性が高くなってしまいます。

可能でしたら電車でのアクセスをオススメします。

花火大会情報!

日程:2017年8月6日(日)、荒天時は中止予定
時間:午後7時30分~午後8時30分
場所:清水港 日の出埠頭
住所:静岡県静岡市清水区港町2丁目10-1
打ち上げ数:約10,000発

アクセス方法:【電車】JR清水駅より徒歩約20分、静岡鉄道「新清水駅」より徒歩約15分
駐車場:臨時専用駐車場ナシ、コインパーキングや会場にアクセスしやすい駅の駐車場を利用してください。

清水みなと祭りの最後を飾るに相応しい、海上花火大会!実に1時間で10,000発もの花火を打ち上げるとあって、迫力満点で楽しめること間違いありません♪

連続的に打ち上げられますので、間延びすることなく1時間タップリと満喫できることでしょう。

東海地区を代表する花火大会でもありますので、是非お見逃しのないようにしてください。

・花火が観れる穴場スポットは?
会場周辺の混雑具合が苦手な人もいるかもしれません。そこで穴場スポットとなる場所を紹介しておきます。

・三保内海海岸
住所:静岡県静岡市清水区三保

打ち上げ会場の対岸となる場所ですが、距離もあるので人出が少なめな場所です。電車が通っていませんので、車でアクセス出来る人の方がオススメです。

・日本平山頂
住所:静岡県静岡市清水区草薙

日本平の山頂から花火大会を鑑賞できるスポットで、高い位置から眺められますので遮るものも無くてよいです。ただし、かなり遠いので小さく観えてしまうでしょう。


スポンサーリンク

屋台について

屋台は各会場となる「さつき通り」「清水マリンパーク」や「日の出埠頭」で出店されています。屋台の数に関しても充分過ぎるくらいの出店はあるので問題ありませんね。

あとはお目当ての屋台を見つけて、ゲットするだけです!

おまつりの見所について

・港かっぽれ総おどり
場所:さつき通り
日時:8月4日・5日の2日間、午後5時40分~

・海上花火大会
場所:日の出埠頭
日時:8月6日、午後7時30分~

この2つのイベントはそれぞれの日のフィナーレを飾るので見逃さないようにしてくださいね!さつき通りを使っての港かっぽれ総おどりは見応え十分ですし、花火大会は息つく暇もないくらいお忙しいに展開されていきます。

まとめ

清水みなと祭りはイベントが盛りだくさんの夏祭りで、3日間に渡って楽しむことが出来ます。ただし、毎日同じ事をやっているわけではありませんので、初日or2日目と最終日の2日間は楽しみに行きたいところですね♪

それでは、清水みなと祭り2016を満喫できるようにしっかりと計画を立てておきましょう!

スポンサーリンク