Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

高崎まつり2017の日程&駐車場情報!見所と屋台について

      2017/06/14

高崎まつり

出典http://takasaki-jc.com/assets_c/2012/07/2012.08.04%E9%AB%98%E5%B4%8E%E7%A5%AD%E3%82%8A02-thumb-420×280-186.jpg

今年で43回目を迎える高崎まつりは、群馬県高崎市で行われていて、毎年70万人の人が訪れる人気のお祭りです。

高崎まつりで有名なのは花火大会ですが、神輿や太鼓、高崎阿波踊りなど、昔ながらのお祭りの雰囲気も楽しめます。また、笛や太鼓のお囃子にのせて山車が街中を巡行するのも、見ごたえ十分!

また、屋台も、お祭り定番のものだけでなく、各地の様々なグルメが楽しめるので、こちらも楽しみですよね!

そこで、この記事では、高崎まつり2017の日程や駐車場の情報、お祭りの見所や屋台について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

高崎まつり2017の日程は?

日付:2017年8月5日(土)~8月6日(日)
時間:午後1時~午後9時
場所:JR高崎駅から高崎市もてなし広場(住所:群馬県高崎市高松町)周辺

※詳細は高崎まつり公式HP(http://www.takasaki-matsuri.jp/)を参照してください。

アクセス方法は?

車の場合:関越自動車道・高崎ICから県道27号線を経由して約7km。または上信越自動車道・吉井ICから西上州やまびこ街道を経由して約10km。
電車の場合:JR高崎駅から徒歩約15分。
バスの場合:JR高崎駅西口より都市循環線に乗車。(大人100円、小学生以下:50円)

※お祭り当日は、午後1時より交通規制が実施されますので、車で行かれる方はご注意ください。

駐車場はどこ?

特設無料駐車場が、市内各小学校や聖石橋野球場など約500台分用意されています。満車の場合は、高崎駅付近の有料駐車場が利用できます。

駐車場の場所は、高崎まつり公式HP(http://www.takasaki-matsuri.jp/)で確認してください。

花火大会は?

高崎まつり 花火

日付:2017年8月5日(土)※荒天時は翌日に延期。
時間:午後7時40分~午後8時30分
打ち上げ本数:15000発
場所:烏川・和田橋付近(住所:群馬県高崎市八千代町1丁目)

高崎まつり花火大会の詳細はこちら⇒

スポンサーリンク

お祭りの見所は?

1.巨大だるまみこし、創作だるまみこし
だるまの町としても有名な高崎市ならではの、巨大だるまみこしと、創作だるまみこしは、高崎まつりでしか見られないので、必見です!創作だるまみこしは、子どもから大人まで、誰でも自分たちで作った、オリジナルのだるまみこしで参加できるので、参加してみるのもいいですよね。

2.山車まつり
17台ほどの、豪華な装飾を施した山車が、市内を練り歩きます。2日目の夕方にすべての山車が集まる勢揃いは必見です!

3.花火大会の見所
普通の花火大会は、2時間程度の時間内でインターバルを取りながら打ち上げますが、高崎まつりの花火大会は、わずか50分間で15000発をすべて打ち上げてしまいます。そのスピードと迫力が観客を圧倒します!

屋台は?

高崎まつりの屋台は、慈光通り・大手前通りのあたりを中心に出店されます。

地元高崎のおいしいものだけでなく、岩手、宮城、福島、前橋などからも注目グルメが出店するようです。地元からは「焼きまんじゅう」、会津からは「山塩シュークリーム」などがおススメですよ!

まとめ

出典http://images.keizai.biz/takasaki_keizai/photonews/1370941557_b.jpg

いかがでしたか?花火大会メインに見に行くのもいいですし、屋台メインで「おいしいもの食べまくるぞー!」というのもいいですよね♪

もちろん、神輿や山車巡行などのTHE・お祭り的なイベントも外せません。今年の夏は、ぜひ高崎まつりへご家族やお友達と行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク