Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

てんかんの主な症状とその原因は?発作は前兆なしで起きる?

      2017/04/02

てんかん

てんかんの発作が原因と思われる事故が度々テレビで伝えられたりしますが、ちょっと怖くなってしまいますよね?これって誰でも成りうる病気なのでしょうか。

てんかんになってしまう原因やその症状を知っておくと良いかもしれませんね。

そこで、これらの疑問についてこちらお伝えしていきたいと思います。また怖い発作ですが予兆なしで起きてしまうのかも調べましたので御覧ください。

スポンサーリンク

てんかんの症状は?

てんかんに現れる一般的な症状として「痙攣」が挙げられます。全身が数十秒に渡って痙攣してしまうというものでその間の意識は飛んでしまっていたります。

これは本当に突然起こってしまうので、医師でもコントロールするのは難しいと言われる難病です。500万人に3、4人しかいないとも言われています。全身痙攣で無くても部分痙攣を起こしたり、ただただぼーっとして数十秒間動かなくなるということもあるそうです。

てんかんが原因で亡くなる可能性よりも、発作などに付随して起こる事象で亡くなってしまうことに配慮する必要がありそうですね。

原因は分かっているの?

脳に何らかの電気的な刺激が与えられる事で起こるとされている事は分かっています。ただ、その電気的な刺激が何故起きてしまうのかは解明されていません。

ただし、現在では適切な治療を受けていればその症状をコントロールする事が出来るようにもなっています。約7割から8割の患者さんはコントロール下にあるそうです。

発作は突然に!前兆もなく起きます!

てんかんによる発作は突然訪れます。そして前兆もなく起きてしまいますから、周りの方の手助けが必要なときも出てきます。

ですから、最も危険な「車の運転」はてんかんの症状を持っていると診断されると、取得することが出来ません。また、運転免許証を持っている間にてんかんになった場合には、しっかりと報告する必要があります。

運転中にてんかんの発作を起こしてしまい、事故を起こして周りの方を巻き込んでしまうケースも稀にですが見られますよね。こういった方はてんかんだから悪いのではなく、正直に申告していないことに問題があるのです。

スポンサーリンク

完治する事はありえない!?

てんかんが完治することはありえない!と感じてしまうかもしれませんが、完治している人も多くおられます。薬を投薬して2年以上に渡って発作が出なくなった場合、そして脳波が乱れないというのが目安になります。

脳波が乱れてしまう場合には、まだてんかんが治ったという判断は出来ません。

もちろんこの条件をクリアした後でも数年後に発作が再発する事もあります。ですから完治を目指すよりも、症状、発作が起きないようにコントロールする事が第一目標となります。

まとめ

てんかんによって恐ろしい事故が起きてしまうと、てんかん患者の全てが悪いような風潮が見られます。これはてんかん患者の行き方を狭めてしまうことになってしまいます。

好きで発作が起きている訳ではありませんので、過度な反応は必要ありません。

また、完治を目指すのも良いですが、上手くコントロールすることにシフトしていけばストレスも減り生活しやすくなります。周りにこのような方は居られた際には、避けずに適切な対応をしていきましょう。

スポンサーリンク