Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

広島・とうかさん2017の日程や時間はいつ?うちわ姫は?

      2017/04/02

広島県のお祭りを代表する「とうかさん」の開催時期が2017年もやってきましたね!広島中区にある圓隆寺(えんりゅじ)の稲荷大明寺で行われる夏のお祭りです。

そんな、とうかさんを満喫するために重要なことは、やはり日程や時間をしっかりと把握しておくことですよね!

そこで、この記事では2017年に開催されるとうかさんの日程や時間についてお伝えしていきます、また、「うちわ姫」と言われることについても触れていますので、ご参照ください。

スポンサーリンク

とうかさんの日程や時間の詳細

会場:圓隆寺(えんりゅうじ)
所在地:広島県広島市中区三川町8-12
日程:2017年6月2日(金)、3日(土)、4(日)の3日間
時間:午後0時から午後11時まで、最終日は午後10時まで
アクセス:【電車】JR広島駅⇒市電にて約10分八丁堀(はっちょうぼり)下車 徒歩約5分
駐車場:周辺コインパーキングを利用
URLhttp://www.toukasan.jp/tsub2.htm

※お祭り当日には周辺道路の通行止めがあります。交通規制が掛かりますと、車が通れなくなってしまいますので、チェックしておきましょう。三川町交差点北筋⇔八丁堀交差点の間で、時間は5日と6日の午後7時から午後10時までとなっています。

また、駐車場は圓隆寺にはございません。周辺にコインパーキングがありますのでそちらを利用してもらいたいのですが、かなりの混雑が予想されます。時間が遅くなると停める場所がなくなってしまう可能性がありますので、早めにお出かけください。

スポンサーリンク

うちわ姫って何?

toukasan2

とうかさんでは「うちわ姫」が毎年募集されていて、3名がその中から選出されます。そして、その3名はとうかさんについて宣伝アピールをしていくのですが、最終的に投票で1名の方が「結稲荷(ゆいとうか)」に選出されるんですよね!

とうかさんの最終日に、こちらの結稲荷の結果発表が圓隆寺でされますので、楽しみですね。基本的には容姿が綺麗な方がうちわ姫に選ばれているようです。

なぜ、とうかさんなの?

とうかさんですが、稲荷のことを広島では「とうか」と呼んでいます。いなりではなくて、とうかと呼んでいることから、愛情を込めて「とうかさん」と呼ばれているそうですね。

お祭りのとうかさんは別名「ゆかたの着始め祭り」とも呼ばれていて、浴衣姿で楽しむお祭りとしても有名です。コンセプトが「ゆかたで歩く。ゆかたで踊る。ゆかたで遊ぶ」なので、出来れば浴衣を着用していくと、さらにお祭りに溶け込めるかもしれませんよ。

終わりに

広島で行われる夏祭り「とうかさん」についてご紹介してきました。例年の出足が約45万人とも言われているので、かなりの人出が予想されますね。アクセスする場合には、車よりも電車の方がいいかもしれませんね。

また、屋台や露天なども数多く出店されていますので、お腹を満たすことには困らないはずです!2017年も圓隆寺のとうかさんをお楽しみください。

スポンサーリンク