Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

梅雨時期に頭痛や咳でだるい!何かの病気のサインかも!?

      2017/03/29

梅雨

梅雨時期に、頭痛や咳が出てしまいだるいよ!なんて事もあるかと思います。これって、すごく辛いんですよね。だって、梅雨に入っていきなり出て来たし原因も分からないし、もしかして何かの病気なの?という心配もしているかもしれません。

実は、梅雨時期になっておこる頭痛や咳というのは、病気のサインであるとは一概に言えません。安心してください、とは言えませんが発症してしまう原因は「梅雨」という特徴的な天候にあるからです。

この記事ではその原因や理由、対策や予防法に関してお伝えしていきますので、是非取り入れてみてください。

スポンサーリンク

どうして頭痛や咳が出てしまうの?

頭痛や咳でだるいから、やる気まで無くなってしまう人も多い梅雨時期。この梅雨の影響で実は頭痛や咳が起こりやすくなっていたのです。

・気圧の変化
気圧の変化があると、体調が優れなくてだるいなんて事が出てきます。聞いたことがあるかもしれませんが、「低気圧が近づいてきたから頭が痛い」ということ。

どうして低気圧が近づいてくると駄目なのか?

低気圧が来ると、気圧が低下しますよね。そうすると、今まで正常機能していた身体に不調をきたしやすくしてしまいます。例えば、一定の圧が掛かっているものが、低気圧により圧が下がってしまうことで微妙に身体の機能を変えてしまいます。

これが通常ではない状態となり、その影響で調子が悪くなってしまうのです。

気圧の変化

・高温、高湿度
梅雨時期は一年間で最も湿度、温度の状態が悪い時期になります。気温は真夏よりも低くはなりますが30度になる日もあったりします。湿度は90%前後になりますから、カビが繁殖しやすい状態を作ってしまいます。

咳などには、このカビが悪さをします。カビは付着していれば問題無さそうですが、空気中に飛散してしまうと吸い込んでしまいますから身体に悪いことは明白ですよね。

例えば、暑くなってきますのでエアコンを使い除湿をしたりすると仮定します。もしもエアコン内部にカビが繁殖していたらどうなるでしょうか?

たちまち室内にカビの菌が撒き散らされて、それを吸い込んでしまいますから咳も出やすくなってしまいます。

スポンサーリンク

症状が出るというのは、あなたの弱い部分であるということ

同じリズムで生活していても、頭痛は出ても咳は出ない。また、咳は出るけど頭痛は全く無いという方もいます。これは、人それぞれが持っている弱い部分に症状が出やすいからなんです。

ですから、頭痛が出ている、咳が出ているというのは、あなたのその部分が弱い部分であることが分かります。人それぞれ症状が違うだけなのです。もしかすると、見えないだけで下痢になっている人もいるかもしれません。

まずは体調が悪くなっても人と比べたりしないことが大切です。

予防や対策は十分に!

梅雨 頭痛

例えば気圧変動は止めようがありませんが、準備は可能です。身体を冷やさないためにちょっと多めに着込んでおくことや、食事に気をつけて暴飲暴食をしないこと。

カビでしたら、繁殖しやすい状態を作らないように除湿したり、定期的に掃除をしたり。

梅雨はいずれは終わるので黙って我慢していれば終わりは来ます。ただし、あなたの身体はそうはいきません。予防や対策をして少しでも症状を軽くしてあげないと、悲鳴を上げてしまいそれこそ何かの病気になってしまうかもしれません。

梅雨時期に備えた生活をすれば、その後の夏も上手く乗り切っていけることでしょう。

スポンサーリンク