Helpful Information 366days!!

納得できる情報を盛りだくさんに掲載しています。

*

海の日(祝日)の2017年日にちはいつ?その意味や由来は?

      2017/04/02

海の日

海の日は、日本の祝日として制定されていますが、海の日の意味や由来というのはご存知でしょうか?「祝日に関する法律」ではどのように記載されているのか知っているでしょうか?

単に祝日というだけで、それ以外はあまり知られていない海の日についてお伝えしていきます。プチ知識として取り入れて頂ければ幸いです。

そして、気になる2017はいつが海の日になるのかもお伝えしていきます!イベントも沢山予定されている海の日がある恩恵も感じていきましょう☆

スポンサーリンク

2017年の海の日はいつ?

海の日

2017年の海の日はズバリ「7月17日(月)」が海の日に決まっています!楽しみデスね♪

6月は祝日が無いので、5月のゴールデンウィーク以来の祝日ですからテンションも上がりますよね。早いところですと、「梅雨明け宣言」もされているということで、正に夏!「海の日日和」になっていることと思います。

後術していますが、海の日は法律が変わらない限り「7月15日から7月21日」の間で毎年変わっていきます。

海の日の意味や由来は?

元々は、1996年から導入された祝日である「海の日」ですが、導入された時は「7月20日」で固定されていたんですよね。ですから、火曜日や木曜日に海の日が来ることもありました。(水曜日以外は一度は海の日として祝日になった事があります)

それが、2003年に祝日に関する法律が改定されて「ハッピーマンデー」が導入されたことで、7月20日から「第三月曜日」に変わっていったんです。

また、日本国で制定している「国民の祝日に関する法律」では、以下のように制定されています。

七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
出典:国民の祝日に関する法律

海の日とは、四方を海に囲まれている日本だからこそ生まれた祝日である、ということがご理解頂けたのではないでしょうか。海の脅威も豊かさも知る、日本だけの祝日が海の日です。

スポンサーリンク

祝日になる前は「海の記念日」だった!

海の日に制定されたのは1996年ですが、実は1941年から先駆け的な「海の記念日」というものがありました。これは、明治天皇に由来していますが、その昔、東北巡幸をされた際に7月20日に横浜港に無事に到着されたことが由来です。

ですから、制定当初は7月20日が海の日だったという訳なんですよね!

どうにかして「海の記念日」を祝日にしたいと思う人たちが、署名運動などを行うことで要約、祝日とされたという歴史があります。祝日化運動が始まったのが1971年ですから、実に25年の時を経て念願の祝日化というところまでこぎつけたのです。

一般的には単純に「祝日でお休み」というイメージしかありませんが、そういったご尽力により今の海の日があるのですね。

終わりに

umi-day3

海の日についてはご理解頂けたでしょうか?元々は「海の日記念日」として7月20日だったものを、祝日化して7月20日。それもハッピーマンデーにより7月第三月曜日へと変化して2016年を迎えています。

海があることで、海水浴が出来たり、海の幸を楽しんだりすることが出来る反面、水難事故や大きな地震や津波を起こしてしまうのも大自然の「海」です。

四方を海に囲まれた日本人にとって、海の日は実は大切な一日だったということだったのです。

スポンサーリンク